小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

【 自分の見えてる世界ってめちゃくちゃ狭いことに気がついた 】という話。

昨日はDAncing Future Learner #11 でした。新しい社会人ゲストの方3名、継続的なゲストの方3名、継続発表者の方5名という会でした。新しい風も吹きながら、かつDAFLの良さも垣間見られた会となりました。
昨日も皆さんとのディスカッションの中でたくさんの学びがありました。ありがとうございました。

◯ウニャウニャ期
新しく何か始めたり、変わろうとする時って、どうもウニャウニャ期というものが存在するらしい。ハタから見ると軸がブレてたり、「どうしてその人のもとにつくの〜!」みたいなことがあるみたいです。そんな体験を多くの人がしていて、そんな時期があることさえ知らなかったから、目からウロコが数枚落ちました。
でもどうもそれも成長過程の証拠で、最終的には収束に向かうみたい。
自分も今そういう時期なのかもと思いました。DAFLで言っているモヤモヤに近いのかな?
モヤモヤもそうだけれど、きっと自分がそういう時期って気づけるだけで救われたり、肩の力が抜けたりしていくのではないかな。そう思っています。そういう意味で、皆さんとの人生を重ね合せるこのディスカッションは、自分のロールモデルを予見できる機会になりえるなと感じました。


◯自分の理想と周りの理想
昨日の発表者の方で、Aという姿を理想としている方がいました。だけど、周りから見たその方はBの方があなたにあっているでしょ!というディスカッションになった時にまとめてくれた話が大変興味深かったんです。
自分にしか知らない自分がいて、一方で周りの人しか見えていない自分がいて、どちらもありそう。確かに自分も多くの気づきをもらえるのがこのDAFLという場で、自分が見えていない「自分」を見つけてくれることは多々あったなと思い返しませた。
そういう「自分」を知れる場。「自分」をメタ認知させてくれる場がこのDAFLなんですねという言葉をいただいたときには、ああ〜なるほどととても腑に落ちました。
ゲストの方が帰り際に。人のあり方を見て自分のあり方を考えさせられる、というような趣旨のことを言っていたんだけれど、それってつまり自分の人生を重ねて、そして自己を内省しているのかななんて考えました。
11回目にしてそういうことに初めて気がつきました。言語化されると一気に体の中に浸透していきます。
知識(言語)と体験が結びついた瞬間の気持ち良さをまた味わわせてもらいました。


◯結局は全て人が作る
新しく来てくださった社会人ゲストの方に「どうして教育に関心があるんですか?」と質問したら言っていた言葉です。
どんな企業にいようと、どんな仕事をしていようと、結局は仕事をしているのは人で。サービスを作って提供しているのも人で。そこには人が関わる以上、教育って全ての原点だというお話を伺ったときに、「そうか」と気づかされました。何も教育現場だけで教育は行われているわけではなくて、家庭はもちろん、社会でだってもたくさんの「教育」って行われているんだと気づかされました。社会人の方からしたら当たり前の感覚なのかもしれないけれど、教育業界にどっぷりはまっている自分からしたら、ちょっと新鮮な感じでした。そうだから「教育」って言葉は多くの人が自分に置き換えやすい言葉なのかもしれないと思いました。


総じて、DAFLって主観っていかに物の見方が狭いのかを感じさせられる場であり、自分が見えていない世界や自分を見させてくれる場なんだということを感じさせられました。ありがとうございます。また多くの気づきをいただきました。


次回は10月8日(日)AMです。12回のDAFLの最終回です。
この会では、発表者の方もゲストの方も、一度でも今まで来てくださった方に15分ずつお渡しするので、今までの会で学んだことを俯瞰して見ていく会にします。
自分の中での学びをリマインドし、またその学びを言語化していくことで、さらに自分のものにしていく。そんな過程を互いに楽しめる会になればと思っています。


ご興味ある方は一緒に学びましょう〜!


午後は先生の学校へ。それはまた後日レポートさせてもらいます。

いつの間にかヒーロー 【貯信】

今日は勝負の日

 

自分の中で気持ちが高ぶっている

 

だけど同時に

 

いつもの自分でいようと思う

 

だって、いつもの自分以上のものは出せないから。

 

今日伝えたいことは

続けることが何よりの成長になる

ってことで。

 

僕が変われたのは、続けられたから。

ただそれだけ。

 

きっと僕らが描く憧れの人だって、ただひたすらに続けてきたんだと思うんだ。

 

だって憧れの人の一人、西村さんがこう言ってた。

 

多分、ヒーローって

「はい!私はヒーローになりましたよ!」

ということはなくて、貯めてきた信頼がジワジワと広がっていくような感じなんだろうな。

 

自分は男の子で、戦隊モノに憧れた時期もあるフツーの男子で

今も先生をやっているフツーの男ですけれど

やっぱりヒーロー願望っていうのはあって。

いつかなれたらって思っている。

 

だけどそれは、今やっていることの積み重ねなんだろうし

それを続けていくには、やっていることをブラッシュアップしながら改善していくしかない。

 

そして続けた人にしか見えないものってきっとある。

続けた人にしか言えないことがある。

 

fledge.jp

 

対談の中の正能さんの言葉。

私は「いつの間にかヒーロー」と呼んでいるのですが、良いことをしようと思ってするのではなくて、自分が好きなことをやった結果、誰かが幸せになり、いつのまにか世の中が良くなっている、そんな人が増えたらいいなと思います。

今はSNSがあるのでちょっと良いことをしたら誰かが見つけてくれる時代です。みんなが好きなことをすることで「ちっちゃな社会貢献」がたくさん生まれて、自然と世の中も良くなっていく、というのが理想だなと思っています。

 

 自分の「ちっちゃな社会貢献」が少しずつ実をつけていけばいいな。

そんな気持ちでいる。

 

この記事にある、貯金ならぬ貯信

これも大切にしたいな。

ああやっぱりこの人はすごいな。西村さんは。

今日会えるはずだったのに、会えなくなってしまった。

またどこかで会って話したいな。

 

さて今日も頑張りますか。

富士山のような子供になってほしい 【3日間を振り返って】

富士山

 

f:id:kesuke03:20170922143732j:image

 

こんなにも愛されている山があるだろうか。

 f:id:kesuke03:20170922143742j:image

毎日、この山にたくさんのエネルギーをもらう

 f:id:kesuke03:20170922143801j:image

晴れた日には綺麗な青空とのコントラストを演出し

その中にある逞しさを教えてくれる

 f:id:kesuke03:20170922143813j:image

曇った日には、見えないとその存在感をより感じさせ、私たちの中にある「富士山」がより鮮明になる

 

 

 

富士山を見ていると、その壮大さに元気がもらえる

富士山を見ていると、その雄大さに自分の小ささを感じさせられる

富士山を見ていると、その包み隠さない姿に、いろんなことを許せるようになる

富士山を見ていると、その聡明な出で立ちに気持ちが洗われる

富士山を見ていると、その勇敢さに負けてられないという気持ちになる

富士山を見ていると、ぼーっと見つめてしまい、素直でいようという自分を見つけられる

 

 

そんな富士山と3日間共に過ごし

一緒に過ごした子供達のことを思い返した

 

「あ、この子たち富士山みたいだ」

 

そう思った。

 

素直で、包み隠さない、それでいて堂々としている

そんな子供たちを誇りに思った。

 

僕は富士山のような子供でいてほしいって思った。

自分の子供にも

自分が担任する子供にも

 

富士山のような

誰からも愛されるそんな子供に育ってほしい

 

そんなことを学んだ旅だった。

 

3日ぶりの家族水入らずの時間をこの週末は過ごしたい

 

お疲れ自分

 

f:id:kesuke03:20170922143949j:image

 

しんがり教師とさきがけ教師 【ハイキングで実感】

昨日は2日目のハイキング

 

紅葉台・三湖台へ行き絶景を楽しむ

 

f:id:kesuke03:20170921202657j:image

 

富士山の青木ヶ原樹海を歩いた

ここは土ではなく、溶岩でできた玄武岩でできた地形

それを踏みしめながら、噛み締めながら歩き感動していた

  

そう、ここの地面は全て岩。

その間から生える木々。

生命を繋ぐ様にも感動。

自分の知らない世界がこんなにも広がっているこの世界、すごいと改めて思った。

 

こんな看板も。笑えなかった。

f:id:kesuke03:20170921202728j:image

 

 

そんなハイキングづくしの1日。

ハイキングをしながら、この記事を思い出した。

『アクティブ・ラーニング時代の教師像』を読んだ。〜その1〜 - 最笑はGOOD!〜ちょっとBigな教師のブログ〜

 

最後尾に付いていた私は看護師さんと歩いていたんだけれど

その看護師さんが、送れて来た子に

「辛いなら一番前に行きな〜」

「一番前に行くのが一番楽だよ。」

「一番前は自分のペースで行けるからね。一番後ろは、ゆっくりになったり、追いつくために走ったりしなきゃで一番大変なんだよ」

 

なるほど。

 

この記事にあった

・さきがけ教師はハイキングで先頭を歩く

 ・しんがり教師はハイキングで一番最後を歩く

 

まさにこのことを表していると思った。

 

極端な言い方になるかもしれないけれど。

 

・さきがけって主体は教師。俺のやり方に付いてこい!このやり方でいけば君の力は伸ばすぞ!というあり方。

 

・しんがりって主体は子供。こうしたらいいと思うけどどう?君はそう思わないならそちらでやってみたら?失敗も学びだよ。というあり方。

 

 

ハイキングの一番最後から子供たちを見つめていて、やはり自分はしんがりのあり方だな、改めてそう思った。

 

 

富士山はとんでもない 【宿泊の引率に来てます】

山梨に来ています

 

宿泊行事の引率

 

富士山の5合目に行ってきた

 

 

 

とんでもなく寒いっ!!

 

f:id:kesuke03:20170920231225j:image

 

 

マウンテンパーカを着てても寒い。。。

 

子供達は驚きのあまり、ガクガク震えてた

 

すぐに上着を着て、お中道を歩いた。

 

f:id:kesuke03:20170920231229j:image

 

素晴らしい景色。

 

 

そして宿へ。

 

今日と明日は朝活動お休み。

 

思いっきり夜更かししよう。

 

今日は行きのバスでこの本を読了

 

よくわかる学校現場の教育心理学 AL時代を切り拓く10講

よくわかる学校現場の教育心理学 AL時代を切り拓く10講

 

 

いやあこの本、すごすぎる。

あっという間に読んでしまった。

自分の言いたいけど言えないことを言ってくれて、堀先生の思考の深さを感じさせられた。。。本当すごい。

 

またレポートします。

 

さて2日目頑張ろう。