小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

小学校

ほめ言葉のシャワーを始めるために 【ぼくのファーストステップ】

毎年3学期に行なっていることがある それは ほめ言葉のシャワー 今年で4年目になる。 ぼくの教師人生を変えてくれたきっかけとなった実践だ。 ちなみに 僕のブログの中でダントツのトップ記事がこちら。 www.kesuke03.xyz 今確認したら、「ほめ言葉のシャワ…

「師匠」からの年賀状 【も】

あなたの「師匠」と呼べる人は誰ですか? 僕にもかつて「師匠」と読んでいる人がいた その方は、僕よりも10個も上の年の人 教育実習の時に知り合い そこから教室になんどもお邪魔したり 一緒に飲みにいったり おうちにはしょっちゅう遊びに行ったり ゴルフ…

ヨシタケシンスケさんの『ヨチヨチ父』を読んで 【 重荷が取れて温かい 】

昨日の午後は冬休みを迎える雰囲気でゆったり ようやく手をつけていなかったことに手をつけられ始めた。 その第一弾! 職員室で、この本を一気読み ヨチヨチ父 とまどう日々 作者: ヨシタケシンスケ 出版社/メーカー: 赤ちゃんとママ社 発売日: 2017/04/22 …

今日は忘年会!!【飲み会嫌いだけど飲んじゃおうって思ってる】

おそらく世の中の小中学校は 今日が忘年会! 先生たちだって忘年会をやる 飲み会嫌いなふたせんだけれど www.kesuke03.xyz www.kesuke03.xyz www.kesuke03.xyz www.kesuke03.xyz こういうオフィシャルな飲み会は結構好き 理由としては ・ちゃんと段取りを取…

「ケース会議」が開かれた 【過去の自分と切り離す】

金曜日の夕方に打ち合わせがあった ケース会議 ケース会議とは、いじめや学級崩壊などが起きた場合に行われる、緊急の会議 今回のケース会議は校内のクラスの学級崩壊への対処について そのクラスはある児童が手をつけられない状態 Aくんとしよう 先生の言…

どうして学校に行くのか。【わからないから子供に聞いてみたら、めちゃくちゃ考えさせられた話】

先週、工藤校長から、目的と手段の話を聞いた。 www.kesuke03.xyz 先日の校内研修で、目的と手段の話をした。 www.kesuke03.xyz 今自分の中で、いろんな話がその目的と手段フィルターにかかっている。 自分の中で、「学校で学ぶ意味とは?」と言う問いがぐる…

今日のOJTの講師は、ふたせんです!【 HowじゃなくてWhyにしよう 】

昨日は渋滞で4時間かけて帰ってきてヘロヘロ よく寝た朝 今日の夕方はOJT 職員研修 過去記事はこちら www.kesuke03.xyz www.kesuke03.xyz OJTは今回、10回目を数える その講師は ふたせん !!!! 今まではモデレート側だったけれど 今日に限って言えば…

自然か不自然かという軸 【 自分の教育を見つめ直してみる 】

最近、対話の中で、自分が大切にしていることに気がついた それは 教育において自分がしていることが 自然かどうか 不自然ではないか ということ。 これはそもそも誰にとっての?という問いや、自然な状態とは?という問いが生まれるのは明らかで。 誰にとっ…

麹町中学校の工藤校長先生 【 目的と手段 】

昨日は東京都の麹町中学校へ そちらの校長先生の工藤先生にお会いしに行った DAFLで知り合った方がアテンドをしてくださり繋いでくれた縁 本当に有り難かった 工藤校長の記事はこちら wedge.ismedia.jp itot.jp itot.jp まあ熱い方で、だけども熱血とはまた…

涙涙の読み聞かせ 【 ファミリーファースト 】

昨日の夜 電気を消す前に絵本を読み聞かせた しないことも多い読み聞かせを昨日はしようと思った 先日、図書館でたまたま借りられたこの本を読んだ さよなら ママがおばけになっちゃった! (講談社の創作絵本) 作者: のぶみ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: …

作家の時間にチャレンジ! 【実践のミニまとめ】

今年度、作家の時間<ライティングワークショップ>の実践にチャレンジした きっかけは、同じ2年生の担任、ママさんひわさんのブログ hiwahiwa3.hatenablog.com ずっと興味はあったものの、取り組めずにいたワークショップ。 今年、いざチャレンジ! 僕はま…

ブレる自分 【一貫性って折り合いをつけないことなのかもしれない】

私の授業のサポートに ベテランの先生が授業に一緒に入ってくれる A先生としよう そのA先生は今年退職したばかりの先生で 去年までバリバリ担任として働いていて 細かいところまで徹底できるスーパー先生 だから子供達にとっては、誰もが恐れる先生で 以前担…

感情的にならずにいられなかった 【嫌い × シンパシー】

久しぶりにあんなに、感情的になった つい言わずにはいられなかった 「対教師暴力についてはどうなっているんですか。」 このニュースを思い出した。 breaking-news.jp www.kesuke03.xyz 職員での夕方の打ち合わせの時。 今大変なクラスの先生が、自分のクラ…

「いい学び方に年齢は問わない。」 【後頭部凝視型が伝えるもの・体験させるもの】

学習環境 それが伝えるメッセージというものは大きい 今日はそれについて考えていきたい 「僕ら大人が作っている学習環境はどんなことを伝えているのだろうか?」 「どんなことを体験させているのだろうか?」 以前岩瀬先生にお会いしに行った時に、発表の中…

子供は大人のいうことは聞かないけれど、大人のすることは真似する 【映画「きみはいい子」】

昨日は隔週の朝の学び場 朝×地域×教育で対話をする会をしている この会は3人〜4人で行う。 毎回担当する人が映像コンテンツを紹介し、それを元に対話をしていくという流れ 約20分で見る→ディスカッション40分 この朝の時間を過ごしてから行くと、1日の…

生きる呼吸を深くする 【書評:「人はなぜ学ばなければならないのか」斎藤孝著】

先日図書館にてこの本を読んだ 自分の課題意識にぴったりとハマった本だったのでこれを借りた 人はなぜ学ばなければならないのか 作者: 齋藤孝 出版社/メーカー: 実業之日本社 発売日: 2011/01/29 メディア: 単行本 クリック: 7回 この商品を含むブログ (6件…

後輩に指導する立場の自分 【人の振り見て我が振り直せ】

昨日はやけに他の先生の言動に目がいった 特に若手の二人。 朝 自分のクラスに入っていただく先生に、授業がテストだから他のクラスに行ってもらうようお願いしたら 「え?ふたせんのクラスには行かないことになっているよ?」 「え?」 となって、聞いてみ…

蟻の穴から堤(つつみ)も崩れる 【遠足での自分のあり方の葛藤】

昨日は遠足 電車に乗って行った 電車は混む 多くのお客さんが利用する だから 車内では一言も喋らない というルールを作った。 これはある意味不自然だ 普通だったら、楽しい遠足だから、「少しくらい」と思うかもしれない。 だけど、その「少しくらい」が積…

小学校の先生の1日 【教員の勤務の3つの論点3つの提言】

最近、先生じゃない人に先生の1日を話すことがある そうすると驚かれる 昨日はインターンで来ている大学生にこの話をした。 僕たちはこの枠組みでやっているのが当たり前なんだけれど それって実は当たり前ではないことに気がついた。 今日はそれについて。…

私の教師のあり方はダチョウ倶楽部だ 【裁量を与えること】

どうぞどうぞどうぞ のネタといえばダチョウ倶楽部 今日はそんなどうぞを大切にする教師のあり方について。 いつも楽しく読ませてもらっている、ハッピー黒板ブログ 考えさせられることが多いです ありがとうございます。 www.nino2no.com この記事はまさに…

約束を守ること 【 ドタキャンをして気づいた自分の理念 】

私はラグビーをしていた 青春時代の7年間はラグビーに捧げた。 ラグビーは自分を育ててくれたスポーツだ そんなラグビー部にはOB会がある ラグビー部のOB会 私は卒業した10年以上、このOB会の幹事を務めている 始めた時は私一人でやっていたけれど 今では…

拝啓 岩瀬直樹様 【 言語化されるヨロコビ 】

今日の記事は岩瀬さんへのお礼を書いていたら、あまりにも学びが多くて、是非ともシェアしたくなり、記事にしてしまおうという記事です。 昨日はお話を聞かせていただき、ありがとうございました。ずっとずっとずっとずっとお会いしたかった岩瀬さんにお会い…

振り返りジャーナルの振り返り! 【継続したからこそ見える景色がきっとある】

4月から始めてきた振り返りジャーナル ちょっと一区切りだから報告 春にこの本を読んで始めました 「振り返りジャーナル」で子どもとつながるクラス運営 (ナツメ社教育書ブックス) 作者: 岩瀬直樹,ちょんせいこ 出版社/メーカー: ナツメ社 発売日: 2017/02/…

学級通信再スタート! 【 習慣と非習慣は紙一重 】

昨日、久しぶりに学級通信を出した。 前回出したのは7月20日 昨日が10月24日 実に3ヶ月ぶり。。。 夏休みがあったとはいえ、これだけ空いていたとは。。。 内容が充実しているわけではないんだけれど どうして昨日書きたくなったかを書いて行く。 書…

先生が学級を崩壊させる方法 【本当は「解決したくない」】

今朝起きるなり衝撃的な記事を目の当たりにした 学級を崩壊させる方法 www.meijitosho.co.jp 今の私があるのは学級崩壊の経験があるから。 この記事を読まずにはいられなかった。 一番衝撃的だったのがこの記述。 クラスを立て直せないと嘆いている方は、本…

台風発生!先生って守られてない!! 【出勤時刻繰り下げの提言】

今台風がきて、すごいことになっている 外はすごい雨と風 人知など無力だなと感じずにはいられない 自然の力には勝てない そんなことを今回も目の前に突きつけられた。 我が校は登校時に台風がまだ接近しているため、3校時から登校となった。 「半」休校だ …

読書も振り返らなければ学びはない 【書評:堀裕嗣氏「よくわかる学校現場の教育心理学〜AL時代を切り拓く10講〜」】

過去最高のPV(ダントツで)を記録した昨日の記事 www.kesuke03.xyz ロカルノさんに影響を受けて やっぱり書評を書くことってめちゃくちゃ大事だと思った。 本を読んでいるだけでは、実践知にするのは到底難しく。 実践知どころか、自分の中にさえ落ちていな…

ロカルノさんの記事が秀逸すぎて泣きそうになった 【学校のノンフィクション】

いつも大変学びの多い記事を書かれるロカルノさんの記事 今日のは朝起きてすぐから、脳が覚醒するような感覚を覚えた 超を100回くらいつけたい良記事。 www.s-locarno.com 端を発しているのはこの本 問い続ける教師―教育の哲学×教師の哲学 作者: 多賀一郎…

図書の授業って何をすればいいの?? 【校内での学び場】

昨日は校内研修 若手教員の学びの場 そこで講師をしてくださったのが、ベテランの女性の先生 僕のロールモデルの1人だ その先生はエンターテイナーで、日々色々なことから学んでいて、子供への指導も素晴らしい 子供たちの姿が他の先生とひときわ違うから不…

小学校の先生は本当に授業準備はできないのか。【内田先生の記事への疑問】

話題になっているこの記事 教員の多忙 授業準備できず(内田良) - Y!ニュース https://t.co/IoUpUSrd7H— ふたせん (@kesuke03) 2017年10月8日 ブラック部活動で有名な内田先生の記事が大きな反響を呼んでる www.truth-teacher.com blog.edunote.jp いつも楽し…