小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

先輩に誘われても、飲み会を断り続けるたった一つの理由

私は情のない人間だ

 

よくそう思う

 

大変お世話になっている先輩の飲み会を断る

飲みに一緒に行きたいねという雰囲気になっても参加しない

地域の集まりなどにも顔を出さない

フラットな関係の人とでも平気で断る

思い起こせば、大学の親友たちとのカラオケオールも最後までいた試しがない

途中で抜けることもしばしば

 

 

きっと沢山相手には不快な思いをさせているだろう

お世話になっているのに、ごめんなさい

つくづく付き合いの悪い男だなと思っている。

そんな自分が嫌だったりもする。

 

 

でもそのスタンスを変えないできた。

昨日とあることがきっかけで、自分の中の優先順位を考えていた

自分が飲み会を断り続ける理由がそこの中にあった。

いたってシンプル。

 

 

「自分と家族が1番だから」

 

 

自分には、飲み会に行って次の日、グッドコンディションで仕事に取り組める自信はない。

飲み会は笑顔で居られる代わりに、次の日の職場で子供達に向ける笑顔が無くなる。

飲み会に行って、家族に負担をかける。特に二人の娘の食事・風呂をさせる妻に。

 

そんなに上手に立ち回れる人間ではないから、何かをとるなら何かを切るしかない。

 

家族のこと、自分のことが一番だ。

 

そんなことを再確認した日だった。

 

 

f:id:kesuke03:20160907050914j:plain

 

 

 

 

 

 

あ、でもたまに行きますよ飲み会。好きです飲むの。

と付け加えておく。