小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

昨日の学び【特別活動】

小学校の時の

 

「学活」の授業って何をしましたか?

 

◯◯委員会ではどんなことを話し合いましたか?

 

クラブ活動って何しました??

 

 

学級活動や委員会活動、クラブ活動、それらを総称して「特別活動」と小学校では言います。

主に子供の主体性を育み、自主的な活動を保証します。

そういう活動の中で、豊かな人間関係を築いたり、集団で決定する力をつけたり、問題解決の力をつけたりします。

 

 

 

 昨日、委員会活動がありました。

教員二人で担当しています。

一緒に組んでいる方は、去年学年も組んだ気心知れた先生。

その先生は特別活動を専門としている先生です。

 

 

昨日に向け、急遽ですが幾つか準備をして臨みました。

話し合いが始まりました。

 

子供達の視野の広さ・高さ・深さに驚きます。

様々な視点を持って話し合いをしている5・6年生に、目から鱗の連続でした。僕はここに特別活動の可能性を見出しました。

 

学びたい!と思いました。

 

一先ず、お役所が出しているものから見てみようかな。

http://www.nier.go.jp/kaihatsu/pdf/tokkatsu_j.pdf#search='%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1+%E7%89%B9%E5%88%A5%E6%B4%BB%E5%8B%95'

 

学級の中でこれが積み重ねられてきたら、とんでもない学校になりますね。

その力が委員会で発揮され、代表委員会などでも発揮されてきたらすごい。そういうプラットフォーム的なものも、校内で統一出来たらとんでもないかも。難しいだろうけど。

 

1日授業に全力で取り組んだから疲れたのに、学び欲が高まったそんな夕方でした。

 

いやあ教育って面白い。子供の可能性はすごいな