読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

1週間は日曜日で決まる! さらば月曜日の鬱

f:id:kesuke03:20161003062701p:plain

昨日は母校に後輩の慰労会へ

 

リオデジャネイロに出場した二人の後輩を労いに行きました

 

本学ラグビー部からオリンピアンが出るとはすごいことだと改めて思いました

 

 

 

さて、その会は18時頃まで行われ

 

その後、家族とファミレス経由で帰宅

 

何だかんだで21時前

 

マッハで全てを済ませ

就寝は21時半

 

そして今朝の起床は4時20分・・・

 

朝3時起きから考えると1時間20分のロス。。。

 

いつもと全く違うリズムで大変ストレスでした。。。

なぜこうなったか考えると、日曜日の過ごし方に秘訣があると見えてきました。

 

 

 

日曜日はゆったりとすごす

 

 

これに限ります。

 

お休みの日っていろいろありますよね。

どこかにお出かけしたい、誰かに会いたい、美味しいもの食べに行きたい、普段ではできないことをしたい・・・

 

「せっかくだから」という言葉を乱立させ、つい無理をしてしまいがち。

そうすると日曜日の無理が月曜に響き、1週間を憂鬱で過ごす

そんな負のスパイラルが生まれます

 

そういう「〜したい」という感情を二の次にして

 

①「リセットの時間」とすることが大切です

 

先週までできていなかった、掃除や洗い物、洗濯をする

先週までできていなかった、部屋の片付けをする

先週までできていなかった、仕事に取り組む

先週までできていなかった、子供とのあそぶ時間をとる

先週までできていなかった、奥さんの慰労をする

先週までできていなかった、メールの返信をする

 

そんなことをしていくと、次の週を気持ち良く迎えることができます。

肩に仕事が乗っかっていない状態で、次の週を迎えられいいスタートが切られます。

 

 

②「日曜日の夜からもう仕事が始まっている」と考える

 

日曜日と月曜日のGAPが大きければ大きいほど、その差に耐えられなくなり、嫌な気持ちが生じます。

日曜日の夜から仕事に向かうリズムに戻しておくと、気持ちがスムーズに月曜を迎えてくれます。

 

例えば

夕飯は家族でゆっくり18時頃とる

お風呂をいつもよりゆったりと長めに味わう

寝る前に読書を楽しむ

気持ち30分早く布団に入る

 

そうすることで、朝の迎え方が変わってきます。

 

 

とは言っても用事やしたいこともあるのが現状。

したいこととリセットのバランスを上手くとることが大切です!

 

 

この2つを意識して、月曜日を迎えませんか?

 

 

と言っても今日はもう月曜日の朝なんですけどね笑

 

来週からでも実践できますよ!

 

みなさん良い1週間を!今週末は3連休!!!