小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

学ぶを学ぶ 学ぶの3種類

f:id:kesuke03:20161012052638p:plain

昨日、同じ年代の人たちの授業について検討する勉強会に参加した

体育についての検討会だった

 

だいたい同じ経験年数の人たちとの話し合いは、ものすごく共感だらけだった

 

その帰り道こんなことを考えた

 

 

学びには「誰と学ぶか」という切り口で考えると3種類あると思う

 

 

1 自分より詳しく・長けてる人に学ぶ 

これは「教えてもらう」という意味合いが強い。

例えば先輩に聞く、セミナーに参加する、本を読むなどがそれにあたると思う。

 

自分よりも詳しいと思う人に、情報を得るために訊いたり教えてもらったりする。

そうすると自分の知らなかったことを教えてもらえる。

 

 

2 自分と同じ・近い立場の人に学ぶ

これは「一緒に考える」という意味合いが強い。

例えば、ディスカッションがそれにあたると思う。

同じ(近い)立場・境遇だから考えうることがあり、わかってもらえることがある。

 

自分と同じ(近い)からこそ、その人の言葉が入ってくる。

 

全然違う立場の人や、自分のことを全くわかっていない人から言われても

「こっちの何がわかるんだ」と思ったら意味がない

 

 

3 自分より知らない人から学ぶ

これは「教えてあげる」という意味合いが強い。

例えば、授業やプレゼンなどこちら側が教える立場に立つものがそれにあたると思う。

基本的に「自分の方が知っている」状態での学び。

 

こちらがアウトプットしたものに対して、自分とは違う立場からフィードバックをもらえることで学びが生まれる。

例えば、授業をしていて自分が考えもしなかったことが子供から出てくることがある。それは学びになる。

逆に、こちらがこれは絶対子供達が熱中するだろうと思ったものなのに、うんともすんとも言わないものもある。それも学びである。

 

 

こんな風に大きく分けて3つ考えることができるのではないかと思う。

 

 

とは言っても

 

 

この境界線は実に曖昧で。

 

 

この1・2・3の垣根を越えた人に出会う時に、僕はワクワクする

 

 

1×2 自分より長けている が 同じ立場に立つ

自分より長けているであろう人が自分と同じ立場でディスカッションをしてくれることに非常にワクワク感や楽しみがある。

 

2×1 自分と同じ立場の人 が 教えてくれる

自分と同じような境遇にいる人が、自分よりもよっぽど秀でていたり、長けていたりするとものすごい刺激をもらう。

 

1×3 自分より長けている人 が 自分に学ぼうとしてくれる

これってものすごい嬉しくて、自分が認めらえれている感覚が強い。以前、菊池省三先生に質問しに行った時に、この感覚がものすごいあった。これ子供と共有したい。

 

 

他の掛け合わせもあるだろうけども

 

学びについて学んだのが昨日の電車の中だった。

 

今自分が所属している会が(昨日の体育とは別で)

まさにこのようなことを実現している会で

多業種・多方面・多年齢から自分のアプローチを見てくれる

だから面白いんだと実感した

 

もっと学ぼう

 

学ぶって面白い