小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

学芸会ってどうやって指導するの??【オリエンテーション・指導開始編】

f:id:kesuke03:20161108051320p:plain

学芸会は今週!という学校も多いのではないでしょうか。

 

 

本校は来週末です。いよいよあと1週間半。

ドキドキとワクワクが入り混じった感じになっています。

どんな形になるのか。どんな劇になるのか。

子供達はちゃんと声を出せるようになるのか。

ちゃんと前を向いてセリフを言えるようになるのか。

 

まだ心配>信頼

 

ただその状況も楽しみたいと思います。

 

以前こんな記事を書きました

 

kesuke03.hatenablog.com

 

私自身、そんなに学芸会指導の経験が多いわけではないので、備忘録として書いておきます。

というか学芸会って3年に1度のところが多いので、移動のタイミングなどがよくないと全然経験できないこともあります。

 

参考にしている学芸会の本 

必ず成功する!学芸会の指導マニュアル

必ず成功する!学芸会の指導マニュアル

 

 

 

今日は以下の内容です。今日は学芸会の指導の始まりを中心について書きます。

  1. 用意するもの
  2. オリエンテーション

 

1、用意するもの

○台本

まず一番初めに用意しないといけないものはもちろん台本です。

これがないと劇が始まらないですよね。

学年の先生と協力し、印刷したり管理職に見てもらったり、印刷したりしましょう。

印刷の枚数がとても多いので、何気に結構大変です。。。

その後は、子供と一緒に綴じましょう。

 

その時に、児童数+30〜40でに印刷します!

なぜか。

例えば、照明の係児童に渡す「照明台本」

音響用に渡す「音響台本」

学校に保存する台本

図書室などに置いておく台本

他の先生方にお配りする台本(配るとずっととっておけて喜ばれる)

 

児童に配るもの以外にもこれだけたくさんのところに使います。

ですから多め多めで印刷しておくといいです。

 

 

○過去のビデオ・DVD

 

自分の学校でも他校でも、過去に同じ演目で行った学芸会の演目の映像があると効果的です。劇の全体像がイメージできます。

とにかくたくさん見て、演出の方法や衣装、立ち位置などを確認しましょう。百聞は一見に如かずです。

 

その時に他校の先生のお知り合いにお願いすることなどもあるでしょう。

そのために日頃から細かいコミュニケーションを色々な学校の方ととっておくといいです。

 

 

2、オリエンテーション

 

さていよいよ「学芸会の指導が始まるぞ」という時には学年で集まって、オリエンテーションをします。

その時に伝えたり考えたりしなくはいけないこと

 

○学年の目標

演目は伝えたとして、その演目で他の学年の児童やお客さんをどのようにしたいのか、自分たちはどうなっていたいのかという、目標を決めさせます。

ただ演目を演じるだけではなく、それを演じて何を伝えたいのか、お客さんに何を届けたいのかを考えると、その演じ方にも意味がついてきます。

 

学年で大切にしたい考えや、思いを吸い上げ目標を決めましょう。

そしてそれを毎回の指導のたびに振り返り、どこまで達成できているかを確認しながら指導を積み重ねていきます。

 

 

○ステージや照明などのルール

ステージ上には、いろいろなルールがあります。

幕には触ってはいけないこと

幕にも種類があること

ひな壇の使い方

照明のスイッチのこと

照明のケーブルのこと

舞台袖での待ち方

 

など会場に立ってみないとわからないことが多くあります。

それを一番初めに確認しておくことが大切です。

 

○声の出し方

 

基本的に声がしっかり出ていれば演目の半分は成功です。

声が小さいと、どんないい演技やどんな上手な体の使い方をしていても伝わりません。そこを十分に指導する必要があります。

すごく簡単な目安は「体育館の端まで聞こえる声」です。

その時、届けるポイントとして

ゆっくり はっきり 大きく

ということを指導するといいです。

 

日々の授業中でも意識するよう促したり

発声練習をしたり

個別の練習をしたりすることで声の出し方は上手になっていきます。

 

初めに指導していくことで、長く指導でき声の出し方が上手になっていきます。

 

劇団四季の有名な訓練


母音法訓練

 

有名なのがこれ。子供に母音がまだ難しく、あまりやりませんが。

 

 

 

こんな感じで指導を始めていきます。

これが約開始1ヶ月前のことです。

 

今度書き時は、学芸会ってどうやって指導するの??【指導前期〜中期】です。

 

 

この記録、絶対に次の3年後(?)の指導の時に役立つなあとニヤニヤしながら書いているふたせんでした。

ブログの良さってそういうところもありますよね。

 

良い1日を!