読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

絵に描いた餅

f:id:kesuke03:20161113062432p:plain

 

「絵に描いた餅」

どんなに素晴らしい計画を立てても、実行されないと意味がないことの例え

 

 

多くの学級にもそれがある

 

 

 

学級目標である

 

 

 

1学期に多くの学級では、目標を立てる

その時は「こんなクラスにしたい」とワクワクして臨んでいる

しかし時が経つにつれ、それに触れらることもなく。

忘れ去られ。

挙げ句の果てには3月の終わりに、剥がされて終わる。。。

 

 

まさに絵に描いた餅である。

 

 

子供達は「こんなクラスにしたい!」と考えたのに

それを十分実行できないままである

 

 

それは、よく4月に語られる「先生の願い」においてもそうだ

先生はこんなことを大切にしていくんだという所信表明はいい。

よく「先生はこんな時に叱ります」というのは言われている。

学級開きの4月の最初の3日間(黄金の三日間)に宣言したほうがいいとは言われている。多くの先生が実践している。

 

だけどそれがその後継続していかない

継続しないだけでなく、一貫しない。ブレる。

例えば、「叱るときは、いじめがあった時です」と4月に言っていたのに、忘れ物をしただけで、こっぴどく叱られたり。。。

それって一貫性ないですよね。

 

 

 

 

これって会社でも同じなのかなと考えていて

会社の理念や社訓がある

会社の理念や社訓などはどのように社員に浸透させて行っているのだろうか?

どうやってリマインドをかけているのか?

 

 

学級目標や先生の願いを、上手に活用できている人はどのようにしているのだろうか?

 

尊敬する岩瀬直樹先生は著書の中で

f:id:kesuke03:20161113062144p:plain

こんな言葉をいつも投げかけているそうです。

これって相当な信念がないと続かなそうで。

どうやったらこんなリマインドが自分自身にできるのか疑問です。

 

それが今自分の課題意識。

 

浸透のさせ方、いい方法や関連著書があれば教えてください!

 

 

今日は今から勉強会。学んでくるぞ〜