小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

小学校の先生が見た中学校の先生(イメージ込)

このブログを始めてたくさんの方と知り合うことができました

たくさんの考え方に出会うことができます。

みなさんありがとうございます。

熱心に読んでくださることも嬉しいです。

細かくはまた次週に書きたいと思っているので今日は割愛。

 

f:id:kesuke03:20161209160458p:plain

 

中学校の先生の話を伺うと本当にすごいと思います。

私は小学校教員ですが、中学校との交流などもあります。

今は小中連携と散々言われている時代ですからね。

 

 

その中で、中学校の先生って本当にすごいなあと思うことが多いです。

 

何がすごいかというと・・・

①部活動の指導

やはりこれでしょう。

 

実は私は教員を志したのは、中学校の時の先生たちに憧れてのことでした。

自主性を尊重しながら自分を育ててくれた先生たちのような先生になりたい!と思ったんです。

そして自分は部活に育てられたところも大きかったので、部活指導も熱血でしたい!!なんて思っていました。

 

ですが大人になると、大人の事情も見えてくるわけで。

とてもじゃないが中学校では働けないと思いました。

 

それが部活動の指導です。

 

夕方16時からの指導

確実に18時近くになりますよね(その時点でもはや退勤時刻超オーバー)

 

土日の練習や、大会などの引率。

 

いつ休むんですか??

 

以前の自治体で初任者研修で同じだった同期の中学校の先生は、1学期間丸1日休めたのは1日しかなかったと言っていました。信じられないタフさです。

 

僕はこれもあり、小学校の魅力に惹かれたこともあり、小学校の教員を目指しました!

 

②教科指導と担任とのバランス

小学校は全科指導

中学校は教科担任制

 

どちらもメリットデメリットあるかと思います。

 

中学校の先生からしたら1日一緒にいるって・・・と言われるかもしれませんが、逆に小学校からしたら1日数時間しか指導できないで、どうやってクラスをまとめたり、育てたりしていくのだろうと疑問です。

 

学習の中で育てていくことって小学校では多くて。

 

1日に何人もの先生の授業がある中学校は、何を軸としたらいいのかとよく思います。

例えばA先生は規律を重んじる先生だけど、B先生は楽しさを重んじて規律の優先順位が低い先生、担任の私は規律を重視したいのに・・・みたいなことがありそう。

 

自分が描く学級像が描きにくいんじゃないんかなと感じます。

総合や学活(HR?)、道徳は担任がやるので、そこはカバーできるかもしれないけれど、でも小学校の比になりません。

 

 

③生徒との関わり方

一番難しそうなのが、生徒との距離感。

大人なようで子供。子供なようで大人のこの時期。

思春期真っ盛りの男子・女子にはいろいろな事情がありそうで。

一筋縄ではいかない度合いが小学校とは比にならないでしょうね。

 

トラブル一つとっても

「先生、Cくんがバカって言ってきました」が小学校

「先生、Dくんが影で殴ってきます」が中学校のイメージ(実際にはあってほしくないけど。というか問題が明るみに出なそう。)

 

男女の色恋沙汰も出てきて、そういうトラブルなんかも増えそうで。

対応に追われそうだななんて思ってしまいます。

 

 

リスペクトです。中学校の先生