小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

あと4時間

今日で2学期も終わり

 

80日近く続いてきたクラスの子たちとの生活も一区切り

 

自分は彼らにどんな力をつけられただろう

なにを伸ばせただろう

何を与えられただろう

何を引き出せただろう

 

 

昨日専科のおばちゃん先生に

「今年は楽なクラスでよかったわね。だけど、その楽さの前には前担任の先生の凄い苦労があったはずよ」

 

管理職には全体にだけど

「伸びた部分はもちろんある。だけど年度始めにできたことができなくなっている。」

(うちのクラスかはわからないけども)

 

 

今の自分の力の無さを感じされられる言葉だった

 

言い訳も頭の中を何周もしたし、怒りも湧いてきた。だけど、客観的に見てそう思われるなら努力が足りないんだと思う。

 

そういう人たちもアッと言わせる力がない自分の実力不足。

 

  

 

あと4時間。

できる限りのことをして子供を送り出す

それが今できる自分のベスト

 

学級通信

言葉かけ

返却物

最後の授業

1日の計画

など

できる準備をして臨む

 

 

 

絶対見返してやる

クソっ

怒りはエネルギーになる!

 

行ってきます