小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

時間貯金

f:id:kesuke03:20161226052923p:plain

 

 

先日書いたブログ 

 

kesuke03.hatenablog.com

 

 

モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語

モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語

 

 

 

主人公「モモ」と時間泥棒の話。

今年の学芸会で演じられ、子供達にも教員にも保護者にも強烈なインパクトを残した劇。(指導が素晴らしかった)

 

 

人の話を聞いたり、相談すると不思議と癒されるモモという少女。ゆったりと時間が流れることの価値を大切とする。

 

一方で、時間泥棒たちは、効率化・効率化・効率化!

食事・休息・睡眠・余暇・恋愛など全て無駄。

どれだけ時間を削り、無駄を省き、仕事に精を出していけるかを一番の価値とする。

 

 

物語の中で、こんな時間泥棒が語る一節が今日の自分に身にしみる。

 

「私は、〇〇を効率化に成功させました!1日の無駄の時間を全部で100分けずりだし、時間貯金の中に入れました!」

 

モモの物語の中には、時間を冷凍保存できるという設定なので、この削り出した時間はどんどん時間貯金として時間泥棒にためられていく。

 

冷凍保存できて時間貯金ればなあ・・・

 

なんて考えたのですが。

 

 

僕の時間の感覚に近いものがあって。

 

例えば、朝にやるべきことを前日の夜のうちにできていると時間貯金の貯金箱がチャリ〜ンとなるわけです。

具体的に言うと、食器の洗い物、娘の保育園の連絡帳、ゴミ出しの用意、このブログを書いちゃう、本を読むなどなど。

 

一方で、時間貯金がガクッと減る時は、寝すぎた時や無駄な時間を過ごしたと感じた時で。

今日は3時に起きようと計画しているのだけれど、5時前。。。

ここでマイナス2時間になっているわけですよ。

昨日の頑張りがあったからまだ傷は少しで済んでいるけれど・・・

この2時間があれば何ができたか!!!!!

 

そう思うと悲しくなるんです。

 

しかも一昨日は寝坊して迷惑をかけたばかりなのに。

 

kesuke03.hatenablog.com

 

 

 

この思いが自分の中で弱い。

だからエピソード化して、よりこの気持ちを強化しようとこのブログを書きました。

 

ちょっと叫びます。

 

くそー!!

もう2時間は返ってこないぞー!!!

自分のばかたれ!

 

 

今日も1日頑張りましょう。