小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

それぞれの小学校の先生の強み

f:id:kesuke03:20170114084243p:plain

 

小学校の先生って専門科目がないと思われている

 

小学校の免許は「全科」

 

国語・理科・社会・算数・道徳・体育・学活・総合学習

担当学年や学校、地域によっては音楽・図工なども担当することがある

 

全て教えるのが仕事だ。

 

だけどその中にも、先生一人一人には専門が実はある

 

僕だったら体育

体育の研究を初任の頃からずっと行ってきた

 

とあるおばちゃん先生は国語

漢字の書き方にはとても熱意を持って指導されていて、厳しいので有名だ

 

とある先輩の男性先生も国語

作文指導や、国語の授業づくりはこの人に聞いておけば間違い無い

 

とある男性先生は特別活動

学級会のことは必ずこの人に聞いている

 

とあるおばちゃん先生は、教科指導もさることながら、行事指導

エンターテイメント性に優れ、子供を惹きつけるのが抜群にうまい

大人をも魅了する

 

とある先輩は理科

島での教員経験を生かして、高い専門性をもっている

 

とある女性の同僚の先生は、事務作業

仕事が本当に早くいつやってたんだというくらいのスピード感であっという間に仕事を進め、こちらの進捗状況までも把握している

 

他にも外国語、算数、図工、音楽、学級経営などそれぞれの専門がある

 

 

 

みんな何かの専門家なのだ。

 

 

 

だけど、この仕事についていてよく思うのが、

 

これらの専門性が共有されていなーい!!

 

せっかくそれぞれ得意なことがあるのに、それを互いに学びあう場がない

学び会おうとする土壌がない

 

 

昨日も書写展の準備をしていたら

ふと女性の先生が来て

話していると・・・

その先生はなんと前の勤務校でお手本を書くほどの書道の実力者で

段位を持っているとか!!

 

いろんな先生がいて、いろんな強みがある

 

だから面白い!

 

これがお互い学び合えたらもっと面白い!絶対に!!

 

だから学びあう職場にしたいんだなあ

 

昨日管理職の面談で、来年度は若手研のプロデュースの依頼が!

チャンスはきている!!!

所属先の勉強会でも、公立学校への学び方の落とし込みの機会がありそう

チャンスは来ている!!

 

進むしかない!

学びあおう!!

 

 

www.kesuke03.xyz

 

 

www.kesuke03.xyz