小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

「仮説」立ててますか? 書評:『仮説思考と分析力』

f:id:kesuke03:20170127050839p:plain

みなさん

「仮説」

ってどんなイメージですか?

 

理科の実験、社会実験、コンサル会社、データ分析などいろんなイメージがお有りかもしれません。

僕にとっては「難しいもの」というイメージで、「堅いしっかりしたもの」という風に捉えます。

 

 

 

今こんな本を読んでいます

 

ビジネススクールで身につける仮説思考と分析力―ポケットMBA〈5〉  (日経ビジネス人文庫)

ビジネススクールで身につける仮説思考と分析力―ポケットMBA〈5〉 (日経ビジネス人文庫)

 

 

縁あってこんな本を読んでいますが、普段だったら絶対に読みません。

 

ですがまあ面白い!!

そうそうそう!と思うことだらけで。

まだ1章ですが書評を書きたくなりました(笑)

 

仮説思考は日常的に使われている

筆者は具体的な例としてこんなことを挙げている。

趣味として始めたランニング。習慣化してハマるようになり、いざマラソン大会へ。

 

初めてのことだから会場までの道のり・混雑状況・着替える場所・待機場所などどこへいっていいかもわからない。だから事前に調べ、「こうすればいい」と決め、行動する。

 

まさに未知の事態に対して、持っているデータから「こうすればいい」と決め、行動することが、仮説思考と言える。

 

これは普段通勤時にだって使っている。

何分の電車に乗ればいい

昼ごはんの休憩は何時までに食べ終わるといい

こんなことを考えるのだって立派な仮説思考と言える

 

仮説思考は考えることではない

しかし、著書はそう考えることだけでは仮説思考ではないと言っている

 

行動を起こすまでが、仮設思考である。
仮説思考の成果物は、仮説そのものではない、「どのような行動をとったか」である。 
行動を起こす裏には、必ず仮説があり、その仮説を考える上で仮説立案がある。その前には持っている情報の分析が行なわれている。
仮説と検証はセットで語られるが、そこまでやって初めて仮説は意味をなす。検証は仮説が行動に現れ、それがどうであったのかを測るものであり、仮説そのものがどうかは行動を伴わないと検証しようがない。
 
ここが絶妙。本当にその通りだ。頭でばかり「こんなことが言えるのではないか」と考えるけれど、自分の考えが正しいかどうかは行動を起こしてみないとわからない。自分の考えだってあくまでも「仮」の「説」だからだ。自分が考えたことを批判してくる考え方もそれもまた「仮説」なのだ。検証する術は、行動を起こすしかないのだ。
 

仮説思考を自覚化する

仮説思考の第一歩目は、自分が今出した結論は仮説で、仮説をもとに行動しているのだと普段から自覚しておくことだ。
仮説思考を自覚した姿とは、自分の考えや行動に修正の余地があるという前提で、変化や他人の意見に対応しようと心がけることである。

 

自分は仮説思考を行っていることを自覚することからまず始めるという。

確かにこの本を読むまでは、自分の中に日常的に仮説思考があるなんて思ってもいなかった。

 

この一歩が踏み出せない人は3つのタイプに分かれると著者は言う。これらの3つのタイプに陥ると、途端に行動のスピードと精度は落ちる。

 

 ①ためらい
          「これでいいのかわからない」「このまま進めていいのか自信がない」
   自分の行動がどの仮説に基づいているのかがわかっていない状態。
 
 ②かたくな
            「〜のはずがない」「大丈夫だ」
    自分の考えはあくまでも仮説に過ぎないのに、次第に「正しい」と思い込んでしまう状態。
    他者の意見を受け入れられない。    
 
 ③りきみ
              「しっかりと仮説を立てなくては・・・」 
     普段から仮説を立てていることを自覚していないので、変な気合が入ってしまう状態。
 

 私は③にドンピシャで当てはまった。まさにそう。

「仮説」と聞くと、急にシャキッとしてしまったり。襟が正されるような気持ちになる。

 

反対に・・・

仮説思考を自覚している人の行動
          ・他の意見を歓迎
          ・他者からの指摘に落ち込んだり、熱り立ったりしない
          ・代替案がすぐ浮かぶ
          ・変化に対する許容度が高い
 
 
私が頭に浮かべる彼らはまさにこんなことを体現している人たちだ。
確かにーと何度も頭で叫びながら、読み進めている。
ああ面白い!!
 
 
 
 
 
 
日常の中で、自分の行動を「仮説」ベースで考えてみると面白い
是非ご実践されてみては!?