読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

バレンタインデーに「愛される力」について考えてみた

f:id:kesuke03:20170214061756p:plain

昨日は、高校時代の親友と飲んだ

 

当日連絡があり、飲みに行った。

普段は絶対こんなことしない。だって飲み会って嫌いだから。 

www.kesuke03.xyz

www.kesuke03.xyz

 

だけっど昨日は違った。

どうしても行きたくて、無理に妻にお願いをした。

快諾してくれた妻、ありがとう。

 

そいつとは5年に1回会うくらいの間柄。

前にあったのは、6年前。

外国に勤めていて、今回は結婚式をあげるために帰ってきていた。

 

 

僕は高校時代、不遇の時代を送った。

私立に高校から入ったが、8割が内部進学組で、できている輪に入っていくのがすごく嫌で嫌で仕方なかった。

そんな時に小学生から内部進学の彼は、僕を大切にしてくれた。

本当に恩を感じている。

チャラチャラしているのに、根が真面目で。すごく熱いやつ。

 

そんな彼の生き様を昨日は飲みながら聞いていたのだが。

 

愛され力

ってすごい大事じゃないかなと最近思っている。

先輩に、後輩に、同僚に、同性に、異性に、お得意先に、お客さんに。

学校で言ったら、保護者や児童生徒も入るだろう。

 

どれだけ愛してもらえるか。それって一つの力だなと思っている。

 

 

前に持っていたクラスで、すごく勉強はできないんだけれど、すごく真っ直ぐで素直で、みんなから愛されていた子がいた。

みんなに助けてもらえ、間違えても暖かく包んでもらえ、その子は伸び伸びと成長していった。

逆にもし、愛される力がなかったら。。。そういう子を持ったことだってある。思い出したくないくらいだ。

 

 

じゃあどうしたら愛され力ってつくの?

それってちょっとしたことだと思っていて。

彼は、一つ一つのこちらの行為にお礼を言っていた。

箸を渡したら「ありがとう」、つまみをとったら「ありがとう」、お会計の時も「ありがとう」

色んなところで「ありがとう」を言ってもらえた。

すごく気分がいいことだった。

礼儀正しい、人を大切にする、一緒にいて気持ちがいい。

こういうことの積み重ねで、愛されるかどうか決まるのではないかな。

 

 

今日はバレンタインデー

そんな日に愛される力について考えてみた