小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

誕生日とハーフバースデー

昨日は誕生日でした

 

家族・同僚・子供達・大学の友達・FB上の友達・元教え子

たくさんの方たちにお祝いの言葉をいただきました

 

ひな祭り生まれということで

このデカイ体とのギャップから覚えてもらえること、嬉しいです。

 

「お祝いしてくれるってこんなに嬉しいんだ」

そんなことを感じた1日でした。

 

自分のことを大切に思ってくれることを感じられる幸せな1日に感謝です。

 

 

31歳。

この齢ってもっと大人だと思っていたのに、ちょっと違う。

子供な面だらけ。

だけど、23歳の時の自分とは明らかに違う。

考え方も、自分を置いている環境も、自分の立場も、実力も。

 

 

なんか変な感じ。

心は若い(つもり)けど、経験は積み重なっているのかな。

自分の中に積もってきているものを間違いなく感じていて。

それが成長なんだろうなと思う今日この頃です。

 

 

 

と同時にブログが半年の、ハーフバースデーとなりました。

f:id:kesuke03:20170304042922p:plain

半年間、毎日書き続けました。

続けてくれたのも、皆さんが読んでくださるからです。

ブクマ、コメントを頂くと飛び跳ねるほど嬉しくなります。

一緒に学ぶつながりもいただきました。

ブログ始めて良かったなと心からそう思います。

 

 

 

僕の体はみんなへの「ありがとう」でできている。

感謝。

 

 

 

誕生日に高熱を出して、呼び出しをくらったけれどそれにも感謝笑

 

さて、今日は成績の忙しい最中に来てくださるみなさんのために

いい学びの機会を作れるよう頑張ってきます!

 

 

【今日の読書からの学び 5日目 】

読んでいる本 西川純先生の本 「『学び合い』ステップアップ」

この本を注文したきっかけはこのコメントを西川先生から頂いたから。

f:id:kesuke03:20170304045942p:plain

クラスがうまくいく! 『学び合い』ステップアップ

クラスがうまくいく! 『学び合い』ステップアップ

 

まず まえがきに

「教師は幸せになる義務がある」と書いてあります。

ここがインパクト大きいです。

教師は子供達の前に立つ、代表的な大人。その大人が、幸せでなくては子供は将来の自分が幸せになれるなんて思えない。

そういう論理。激しく同意した。

教師が家庭を大切にしたり、余暇を楽しんだり、いつも笑っていたり、そうなれば「大人になりたい」と子供が思うのではないかな。

 

そして目次を読んでいくと、

西川先生の言われるように、僕が疑問と思っていたことがズラーッと。

もうこの時点でわくわくしかありません。

 

最初に読んだのは、絶対に大切にする考え方。

「一人も見捨てない」「全員が達成する」

一人を見捨て出す教室は、二人目・三人目・四人目も見捨て出す。

そうすると崩壊する。

目に見える形か、そうじゃない形かは別として。

とにかく教師はそれを、授業中・休み時間どの場面でも言い続けることが大切と書いてあります。

 

読み進めるのが楽しみ。