読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

今の自分を見つめてみませんか メタ認知

今「自分」という人間を見つめ直しています。

 

 

先日の勉強会でこんなことを教えてもらいました。

「脳って自分自身にさえ、良い自分を見せようとする」

 

f:id:kesuke03:20170306050644p:plain

 例えばこんなシーン

毎朝鏡の前に立ちますよね 一度は。

その時に脳って、自分を良く見せようとするから

目を見開いたり、姿勢を良くしたり、顔の角度を変えたりしようとする。

こんな経験ありませんか?自然としているんですよね。

 

反対に、自分の写った写真を見てがっかりしたことありませんか?

「写りが悪い!」と文句を言ったことなんかありませんか?

 

脳は嫌な情報は避けたいという性質上、自分を良く見せるのです。

自分の生存確率を上げるための反応です。

 

だから自分って普通に過ごしていると、自分にとって都合が悪い部分には目が向かなくなるんです。脳も嫌な情報を嫌いますからね。ストレスですもの。

 

ですが、自分の中には今までの経験や知識が蓄積されていて、それが行動や感情の指針となっているのです。

自分にとって嫌なことさえも、蓄積されて「次は避けよう」としていることもあります。

例えばすご〜く嫌なことを言われたり、傷つけられたりした人って、会うだけで考えるだけで嫌な感情が思い出されたりしませんか。

 

 

自分の今とっている行動は、すべて今までの自分の経験や知識が元となっているんです。

じゃあ今の自分の変えたいところは?これからもっと強くしたいところは?

と考える時に元になっている自分をフカボル必要があります。

 

自分が大切にしていることは何か。

どんなことが好きなのか。

どんなことなら続けられるのか。

 

 

今までの自分を見つめて、言語化し、自分を自分が分析する。

それがメタ認知です。

 

例えば、僕が今日発見した自分は

「計画嫌いな自分」です。

何かスケジュールを立てるとなると、すごく嫌な感じがします。

みんながワクワクするような計画を立てていても、ネガティブなことばかり考えます。

楽しい計画が、僕にとっては楽しくなくなります。

なぜなのか?

それを今考えているところです。

 

 

答えは自分の中にあるのです。

それを多くの人が見つめようとしません。

なんども言いますが、だって脳にストレスが掛かるものですからね。

 

ですがそこにこそ、自分を変えるチャンス・成長のチャンスがあります。

 

あ、もちろんいいところをより強化することもします。それもあなたの中にあります。

 

メタ認知やってみませんか?全力でサポートします。

もちろん無料です。変な勧誘ではないです。

もしご興味あればコメント・ご連絡ください!!

 

 

【今日の読書からの学び 7日目 】

読んでいる本 西川純先生の本 「『学び合い』ステップアップ」

この本を注文したきっかけはこのコメントを西川先生から頂いたから。

f:id:kesuke03:20170304045942p:plain

クラスがうまくいく! 『学び合い』ステップアップ

クラスがうまくいく! 『学び合い』ステップアップ

 

 

実践紹介の続き。

・A子の説明

一斉授業で、頭脳明晰なA子がみんなの前で発表をした。「お〜」と湧いた。A子も得意げだった。ただ、「わかった人?」と聞くと30人中3人。分かりやすい説明と、すごい説明とでは違う。

これって教師にも言えることで、「どうだこれでわかるだろう!」とした授業の時こそ、子供がわからなくなることって多い。「教えて満足」している自分が透けて見えて恥ずかしくなった。

 

・『学び合い』は考え方・生き方

気持ちよく譲り合えるようになったり、意見を言い合う喜びを感じられるようになったりする。必要な時に自然と力を貸せるクセがつく。

 

 

子供達には、活発に対話できる力があります。それを遮っているのは教師なのではないかと最近思っています。規律という名の抑圧になっていないか。(規律もすごく大切ですよ、念のため)

自問自答の毎日です。