読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

私の『学び合い』レポート2

 前のレポートから約1ヶ月

www.kesuke03.xyz

 

算数を中心に実践してきました。

 

今毎日読書したことをアウトプットしていますが、この本を読んでいます。

 

クラスがうまくいく! 『学び合い』ステップアップ

クラスがうまくいく! 『学び合い』ステップアップ

 

 この本を読んでいくと色々なイメージが膨らんできます。

・課題の選び方

・時間設定の方法

・語り方

・そもそもの考え方

・起こりうるケースへの対応の方法

 

たくさんのインプットを入れながら、実践しアウトプットしている。

 

昨日は社会科

「全員が◯◯市の昔の様子や、鉄道の様子について資料から読み取れるようになろう」

という学習課題の元、学び合いを始めました。

上記の本を読んで、学習を始める前に「誰かとグループを作ってもいいし、机を動かしてもいい。立ち歩いてもいいから」という話をしました。

 

そうすると、仲の良い子と組むグループもあれば、生活班で始めるグループもありました。一人で続ける子もいました。

 

私の役割といえば、「わからない」と言えることを価値付けること。

丸付けをして満足している、または間違えても答えを写して終わっているような子に、それで本当にわかったことになっているのかと問うことをし続けました。

また、終わってマグネットを整理しだす子に「それが全員が目標達成に向けた行動かな」「できることはないかな〜」とつぶやいて回りました。

 

主に社会科の【資料活用・技能】の指導を中心のための授業です。

わからなかったものは、きちんと社会の資料に戻ることを意識させました。

 

互いに教えあう姿は十分に見られました

特に解くのが速いような子は、たくさんの子に教えていました

一緒に丸つけにいき、一緒に喜んでいました。

そして5分延長し、最終的には全員達成をすることができました。

全員ではなかったですが、全員が達成したことを嬉しそうにしている子もいました。

 

最後に私は振り返りを書かせた後、こんなことを話しました。

「もう何度かこの『学び合い』をやってきました。どうしてこのような形をとってふたせんはやっているのか?それを話します。

それはきみたち同士で助け合うことを学んでほしいからです。来年、先生はきっと君たちの前にいません。来年の先生もその次の年にいません。その次の先生も、そうです。だけど唯一変わらないものがあります。それは君たちが一緒に学年が上がっていくということです。一緒の学年のメンバーは変わりません。その仲間たちと、手をとって助け合えるようにしていく力をつけて欲しいのです。困ったら友達と話して解決していく力をつけて欲しくて先生は、この『学び合い』という学び方をしています。」

そんなことを伝えました。

 

やっていくと課題もたくさん見つかりました。

・社会の学び合いの形ってこれでいいのか?

・一人で学び続け、聞けないプライド高めの子にどうしたらいいか。

・課題が終わって遊んでしまう子はどうするか。

・答えを写してるだろうなという子にどう語っていくのか。

・課題が終わった人>課題が終わっていない人 になってからのあるべき姿とは?

 

続けていって、本でインプットし続けていって、一つずつクリアしていくと考えます。

まずはやるのみ。

 

 

 

【 今日の読書からの学び 10日目 】

読んでいる本 西川純先生の本 「『学び合い』ステップアップ」

この本を注文したきっかけはこのコメントを西川先生から頂いたから。

f:id:kesuke03:20170304045942p:plain

クラスがうまくいく! 『学び合い』ステップアップ

クラスがうまくいく! 『学び合い』ステップアップ

 

 

答えを丸写しにしている児童にどうしたらと思っていたらこんなことが書いてありました。

『学び合い』の結果生じたものではありません。『学び合い』によって子供たちの「地」がよく現れるようになり、さらに教師には見とる余裕が生じたのです。

答えを丸写しにしている子は、今までの授業も、最後に板書を丸写しにしていたのではないでしょうか。

 

確かに〜!

そう思いました。いやむしろ、丸写しさえしていませんでしたよ!

だから自分で解いて、丸写しでもやるということは大きな成長でしょう。

 

そしてその解決の方法は

『学び合い』 の時間を増やすこと と書いてあります。それで間違いなく解決される問題です。

やはり継続が大事。

 

課題作りについてはまた明日。

 

 

いつの間にか2000字近く。。。

学ぶって面白い。