読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

教育イノベーター 【Eduvation Hub DemoDayに参加してきた】

昨日こちらに参加してきた

 

Eduvation Hub

www.eduvationhub.org

 

東京駅から徒歩5分の丸ビル裏にある「Startup Hub Tokyo」にて行われた

f:id:kesuke03:20170325095948p:plain

 

まずここに18時に行って、空気を吸うだけで気持ちが高まる

こういう「いい環境」に身を置くだけで、自分の心に潤いをもらえる感覚

やっぱりセミナーなど、そういう場に出向くのはいい

これって本では得られない感覚

 

 

Eduvationとは造語で

Education とInovationを掛け合わせた言葉で

「教育イノベーターを一人でも増やす」ということを理念に事業を行っている。

詳しくはHPを見ていただきたい。

代表の佐藤さんの話を伺っていて

「教育イノベーターは総じて、孤立化しがちで、それで途中で頓挫してしまうことが多い」

という言葉にとても共感した。

志高い人が一緒に学びあえる場がやはり必要で、それは一人では継続することは難しい。自分が行っている学ぶ場もこのような意義がある。

 

共感の連続だった。

 

第1期生の発表だったのだけれど、

・カンボジアで中古スマホを使って英語教育をする新卒1年目の方

・在宅で英語の習い事をグループで行うことを事業化する方

・AIを使って論文添削をしてAO入試対策を行う方

・モノづくりを通して「作りたいものがない」がなくなることを目指す方

 

どれも共感ばかりで、パッションを感じてめちゃくちゃ面白かった。興奮した。

 

またメンターの方々のコメントが辛辣でそちらも大変面白かった。

特に、小金井市立前原小学校の松田校長先生の一言がものすごく刺さった。

f:id:kesuke03:20170325101029p:plain

「勉強」という言葉を死語にしようと考えている。

勉強とは強いることで、嫌なことを無理矢理やらせることが語源だった。

だから子供に朝会などでこう言っているそうだ。

「学校って何しにくるところ? 勉強じゃないよね〜

学びにくるところだよね〜

 

うわ〜

それそれ

めちゃくちゃ共感してしまった

 

なんか自分の考えを全て包括してもらったような感覚になった

この言葉に出会えただけでも、ものすごい価値があった会となった。

 

 

 

 

代表の佐藤さんともお話をさせてもらった

すごく教育に対して熱い方で教育イノベーターを一人でも増やしていくという「志」が大変素晴らしい。

この2期生を募集しているから参加してみたい、やろうかな本気で。

 

 

終わった後の懇親会も素敵で。

 

 

こんな学ぶ場を自分も作りたい!

自分の志を確認した。

 

 

 

ああいい夜だった。