小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

書評「まんがで知る教師の学び」

今こんな本を読んでいます。

 

まんがで知る教師の学び これからの学校教育を担うために

まんがで知る教師の学び これからの学校教育を担うために

 

 

私の「志」は学び続ける人を育てたい

それは子供も大人も。

 

特に「大人が」学び続けている学校って、きっと学びを楽しめている学校だと思うし、そんな先生が溢れていたら、学びの楽しさって子供に間違いなく伝わると思っている。

 

だから大人との学ぶ楽しさの共有はものすごい大切だと思っている。

だけど大人にはどうアプローチしていくの?

それが自分の今の最大の課題意識

 

だからこの本を読んでいる。

 

ざっと中身を紹介すると

 ・成長するための幾つかの要素が章立てられている

f:id:kesuke03:20170327053108j:image

 

・この本の最大の売りの漫画での説明

f:id:kesuke03:20170327053006j:image

「この先生いるいる!」

「あ〜こんな経験あるなあ」の連続!面白い!

漫画だから感情移入しやすく、またすぐに読めてしまう。

また、テーマが「教師の学び」だから、そこに特化した内容というのも面白い。

 

・長い漫画の後に見開き2ページの解説

この解説文が秀逸。

漫画で取り扱ったテーマについて詳しく書いている。

ここのところが長くなりすぎると、飽きてしまうかもしれないけれど、とてもコンパクトにまとめられていて、素晴らしい。

少し深い内容でも、私はこの量なら頑張れる。

f:id:kesuke03:20170327053013j:image

 

・その章のテーマの参考文献

これがお気に入り。

筆者は教師にビジネス書も読むことを進めている。

その章の最後に関連した書籍を載せている。

f:id:kesuke03:20170327053021j:image

 早速2冊注文してしまった。

このような本は知らなかったので、自分の見識がさらに広がるだろうな。

 

たったの2日で読了!

自分でも信じられないスピード。

だからやっぱりこの本は読みやすい、それが最大の売りだろうな。

 

この本から学んだことは

・リフレクション

・時間管理術

・ビジョンの共有化

・30代に学ぶことの大切さ

・ビジネス書にも手を出すこと 

 

 本を読むことの価値を上げてくれた大切な本だ。

一度手に取ってみては!!

ちなみにこの漫画は、前田康裕さんという熊本の現役小学校教師が描いたもの。すごいな〜