小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

私の「休日出勤論」

私は、休日出勤をする

 

これから休日出勤だ

 

あなたは休日出勤しますか?

f:id:kesuke03:20170416044931p:plain

 

前提

休日出勤について様々な考え方があるだろう

自分は職場が近いこともあり、すぐに行って帰ってくることができる。

でもこれがもし片道1時間〜2時間だったら絶対にしない

近いから気軽に休日出勤する

 

いつするのか?

朝にする

休日の仕事は朝8時までと決めているの

5時ごろ職場へ行き、8時ごろ帰る

帰る頃に、早めに休日出勤した人や校庭開放で学校を利用する人に会うと驚かれる

前には「泊まったんですか!?」と真剣に驚かれたこともある

 

行って何をするのか?

平日に溜まってしまった事務仕事の処理や、平日じゃ取り組めない仕事をする。

例えばだいぶ先の研究授業の準備などをする。

 

なぜ休日出勤するのか?

2つのメリットがあると考える

①誰もいない

当然お休みなので誰もいない。職場を独り占め。

家と仕事場のいいとこ取りができる!

 

普段家ではできない仕事を、自宅のようにプライベートな空間でできる。

よくやるのが、気分が乗らない時に音楽をかけながらや、youtubeでお笑いを見ながら単純作業をやる。

これって休日の誰もいない時しかできない。

 

一人だけって、集中が散っても、相手する人がいないからまた戻ってこれる。

 

 

②普段の平日の仕事の負担を減らす

 私のイメージだとしたのグラフ

100が自分の持っている力やパワーとして

 

 休日出勤しない人

f:id:kesuke03:20170416044115p:plain

 休日出勤する人

f:id:kesuke03:20170416044131p:plain

違いが、おわかりいただけたでしょうか??

 

休日に出てくる分、平日の仕事は後回しにできる

そうすると平日に余裕が生まれてくる

 

休日出勤することで平日に100のうち20ほど余裕が生まれる

この残りの20を自分の学びに費やすことができる

そうすれば学びが継続できる

これが、最大の理由

 

つまり

学び続けるために休日出勤している

と言える!

 

これに昨日気がついてしまった

 

私の嫌いな休日出勤

同じ休日出勤でも嫌いな休日出勤もある

それは半日以上を費やしてダラダラと仕事をすること

昔の自分がそうであったけれど、例えば。9時〜13時とか

12時〜17時とかそういう休日出勤は嫌いだ。

 

最大の理由は。

その時間に行くと誰かと会っちゃう。

→休日にわざわざくる人ってなんだから話があっちゃう

→30分近く喋ってしまう

→休日に来た意味なくなる。。。

 

それからその時間に行くと、1日のスケジュールの中に仕事が大きく占めてしまう。それは嫌だ。だって休日なんだから!

 

 

そんなことを考えながらいざ職場へGO!

一人きりの職場は案外楽しい!!

 

 

そして家族との休日と、仕事を両立させるにはこれがいい!

 

 

良い休日を!