小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

仕事が速いS先輩に聞いた、最大の仕事術は「あ○○○○」

このブログに何度も出てきている尊敬している先輩

 

S先生

 

数年前、同じ学年を組ませてもらった

 

その指導法や、言葉・間合いの一つ一つに驚かされ、教材解釈にも驚かされ、そして何より変わっていく子供の姿に驚かされた

 

その人の在り方を学んできた

 

そのSさんは今年異動してしまった

 

そのSさんの持っていたクラスを今年受け持つこととなった

 

その子達はSさんのエッセンスが凝縮されてきたような子達

また驚かされる毎日

 

この人には到底かなわないなと思わされる毎日

だからこそ学び続けたい、そう思いまた学ぶ意欲が上がる。

 

 

 

そのSさんはいつも定時に帰る

 

指導もうまく仕事も早い、その上帰るのは一番

 

聞きたくなって聞いてみた

 

ふたせん「S先生、どうしてそんなに早く帰れるんですか?」

 

S先輩「ふたせん、それは簡単だよ。諦めるんだよ」

 

ふたせん「なんですかそれ〜教えてくださいよ〜」

 

というやり取りをした。

でもなんだか最近、それが真意をついているなと思い出した。

 

結局、人間は優先順位があって

何かを取れば、何かを捨てなければいけない

家族を取るならば、付き合いを捨てなければいけないし

学びを取りたいなら、仕事は犠牲にしなければいけない

 

何かを捨てなければいけないものや、犠牲にしなければいけないものを明確にし、それをきっぱりと「諦める」

 

それってプライオリティの明確化だな〜

 

こういうことに気づいた時にまた、そのS先生の凄さを感じる

そんな週末だった

 

 

この先生にはできないことを自分はする

同じフィールドで戦おうとしないこと

それが勝つ術だ

 

しかし、的を射ているな〜

 

さて今週も頑張るか!!!!!!!

月曜日!元気元気!!