小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

保育園の保護者会に行ってきた 【当たりと外れ】

f:id:kesuke03:20170422042744p:plain

昨日は娘の保育園の保護者会

 

いよいよラストイヤー

 

1歳からお世話になっているから、なんだかもうすでに感慨もひとしお状態

 

今年1年間の予定はもちろん、どういうビジョンで子供たちを育てていくのかを共有することができたいい会だった

 

何よりも、担任の先生が面白く暖かい

この先生になら任せたいなあという先生だ

2人いるんだけれど、その2人のバランスもまたよくて。

おちゃらけながらしっかり担当と、着実担当。そんな2人。

こんな当たりな先生ってなかなかいないだろうな〜

 

と書いていて思った。

やっぱり自分の中にも「娘の担任にはいい先生に持ってほしい」という気持ちがある。

それを当たり・外れでやっぱり見てしまうんだな。

 

自分の小学校教員という仕事も

成果は出ないけれど、実力主義のこの世界、当たり外れはあって当然で。努力する人は当たりと思われるだろうし、そうじゃない人は外れと思われるだろう。

 

よく同志と話すのが

「自分の子供を受け持ってもらうなあら、実力はさておき努力する先生がいい」

 

初任でもいい 中堅でもベテランでもいい

仕事に対して、子供に対して 保護者に対して誠意ある対応・姿勢が見えるかどうか

それがその先生を測る基準じゃないかな。

 

その基準で見た時に、保育園の2人の先生はそういう姿勢や対応、指導が見える人だなと思う。

 

だから当たりって思うんだろうな。

 

自分もそういう当たりな先生でい続けたいし、そういう人を1人でも多く増やしたいな。

 

今週もお疲れ自分

 

さて明日の学び場が楽しみだ〜〜〜〜〜〜〜!それでテンション上がっている週末

 

とりあえず休日出勤行ってきます