読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

弱い自分

 

弱い

自分はとても弱い

 

昨日感情的に「怒って」しまった

「叱る」基準を度外視して

「怒って」しまった

 

 

久しぶりの掃除だから、仕方がないのに

あまりの時間がかかりすぎる様子にイライラ

 

全員集めてお説教

 

「あまりに時間がかかりすぎる。時間を気にしてやっていたか?」

「だらだらやっている人がいる」

「いいことやっていても、時間を守らないのではいけないことになってしまう」

 

 

その後はずっとイライラ。

 

思い返せば、「前担任はもっと怖かった」という情報から

「自分には厳しさが足りないのかも」という思考回路

 

それでちょっとしたことにも敏感に反応するようになる。

 

 

自分は弱い。

感情的になって

自分より弱い子供にぶつけて。

家族にもぶつけて。

何が楽しいんだろうか。

誰が笑うんだろうか。

 

自分が求めるものって安心する教室だったり

笑っていられる家族だったり

そういうものなのになんだこれは。

 

 

 

 

弱い。