小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

新しい人間関係は疲れる。けれど・・・

今年度、異動が多かった

 

4月から職員の約半分が入れ替わった

 

これ、かなりストレス

 

 

 

ここ数年は異動があっても数名

 

だから「例年通り」がある程度いけた

「暗黙の了解」があった

「阿吽の呼吸」ができた

 

だけどそういうわけにいかない

仕事一つ進めるにも

事前にたくさんの確認

事後に抜け落ちのフォロー

 

それが同時進行で来るからとても疲れる

 

相手がどんな人か

どんな性格なのか

どんな教育方針を持っているのか

どこまで仕事をやろうとする人なのか

 

そんなことを一つ一つ探りながら一緒に仕事をする

相手の出方を伺いながら仕事する

これって疲れる。。。

 

でも裏を返せば

 

異動してきた人ってもっと疲れるよね

 

誰一人知り合いもいない中で

どんな学校なのかもわからないし

学年を組む先生がどんな先生かも知らない

職員室の雰囲気も探り探り

 

ずっとこの職場にいる自分よりよっぽど気を遣う

 

だから

異動してきた人の立場に立って仕事できる人になりたい

 

そんなことを思った週末

 

さて土日で仕事を進めようっと!

土日のこの時間好きだなあ

 

疲れは今日で撮っちゃおっと