小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

 

昨日、父とサシで会った

色々な話をした。

明るい時間から酒を酌み交わし正味1時間もなかった。

だけど、とっても懐かしいような、新鮮なようなそんな感覚にとらわれた

 

 

もう父も古希

 

父も最後逝く時のことなんかも考えているみたいだ

母ともどちらが先に逝くか、そんなことを話しているらしい

 

遅かれ早かれいつか迎えるだろう父と母の死

今はまだ考えられないし、考えたくもない。

 

でも衰えていく二人を見ていると、自分の心の準備もしていかなければいけないんだろうと、そんなまだまだ生半可な覚悟ができた

 

親孝行

きっとしてもしても足りないと思うのだろうし、し過ぎたって負担だろうし。

でももっとしなくてはな。

 

 

 

やっぱり、自分は父の子だ。

ありがとう父。

 

 

自分も父。

父のような、厚く温かみのある父になりたいなと思う反面、父とは違う自分らしい父でいたいと思う。

 

自分はどんな父像が理想なのだろうか。

それを考えてみたいな。