小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

他人事と自分事 【昨日の感情を保存しよう】

昨日は3つのことがネガティブにさせた

 

news.tv-asahi.co.jp

 

いよいよこの時期にきているのか、そう思わずにはいられなかった。

もし戦争となったら、今ある自由や幸せなど、形のないものになってしまうのだろう。娘の将来はどうなってしまうのか。

そんなことを考えていたら、とても虚しくなった。

 

太平洋戦争に向かわなければ行けなかった人たち

そこで命を落としてしまった人たち

未来がまだまだあった人たち

 

そんな人たちに思いを馳せてしまった。

どんな気持ちで戦争に向かったのだろう。

自分を重ね、胸が苦しくなった。

 

 

news.yahoo.co.jp

 

妻と年が近い麻央さん

子供の年齢も近く、自分たち夫婦のことを重ねた。

 

麻央さんはどれだけの心残りがあっただろう。

夫・息子・娘を残して先に逝ってしまう麻央さんの辛さは計り知れない。

また妻であり、母である麻央さんを失う3人の辛さも計り知れない。

 

昨日、当たり前にある日常が当たり前じゃないんだということを麻央さんの死から教えてもらった。

命いっぱいに生きて、多くの人に今ある幸せに気づかせてくれた人だと思う。

ありがとう。

ご冥福をお祈りします。

 

 

クラス内でのいじめ

 

クラス内でいじめに近い行為が行われていた。

私がいないところで、ぞんざいな扱いをされていた話をいくつも聞いた。

相手を大切にしない態度や行動があったそうだ。

断じて許さない。

 

自分がどうしてもっと早く気づいてあげられなかったんだと自己を責めた。

怠け癖が産んだものだ。

そういう心を見透かしていたんだろう子供達は。自分が情けない。

 

 

 

①②③にも共通していることは

どれも他人事だったということ。

「自分には関係ないや」「うちは大丈夫だ」そう思っている状態から

「自分もまずいのじゃないか」「うちにもあり得る」そういう状態、つまり自分事になった

 

よく教育でも、自分事化とは言われるものだが、

こればっかりは他人事感を抜くのは容易いものではない。

 

きっと時間が経つにつれ、また他人事に変わっていくんだろうな。

そうやって自分の感情を保つようになっていくのだと思う。

 

事実、昨日の気持ちよりも今朝の方が気持ちに整理がついている

昨日よりも重く受け止めていない自分がいる

 

だけど、この危機感は、今抱いている感情は忘れずにいないといけないな。

そう思った。