小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

「近い」って、かえって「遠く」なるんじゃないか。という話

昨日は娘の同級生家族と会った

その同級生家族は、2年前に引っ越してしまった

 


とは言っても車で30分くらいの距離

 


不思議なもので、その家族と親密になったのは、その家族が引っ越すと決まった時からで。
それまではすごく好きな家族だったけれど、わざわざ会ったり食事したりはしなかった。

 

 


近すぎるといつでも会えるという気持ちになるが。
会う機会を失ってしまうと会いたくなる



この距離感って不思議で。
近すぎると会おうとは思わないのに
遠いと会いたくなる

 


なんで近いときに会おうとしないんだろう

 

 

今一緒にいる人、近くにいる人も
離れたからこそ会いたくなる人ってきっといるんだろうな。

 

 

近すぎるとその大切さに気づかない。

「近い」人の方が、「遠く」なったりするんだな。

 


人間ってつくづく、贅沢な生き物だ。