小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

全ての「中堅」の皆さんへ伝えたいこと 【立場は人を変える】

最近、職員室で「自分は中堅になったな」と感じることが多い。

 

前にはなかった、「一目置かれている感覚」がある

 

頼ってもらえる回数が増えて来た。(有難いこと)

 

 

ずっと下っ端で来た自分にはなんだか変な感じ。

自分より未熟な人も多い。

そういう人の未熟さに気づいてしまう自分もいて。

まるで昔の自分を見ているかのようだ。

 

そういう人につい、言いすぎたり一言多かったりしちゃうのが今の自分。

 

この記事を読んだ。

taka-ichi-sensei.hatenablog.com

 

立場が人を作る

校長に前にいただいたお言葉だ。

 

立場が変わることによって変わった方がいい部分がある

「未熟さからの脱却」だ

もう自分は周りから聞かれたり、指導的な役割を担う立場なのだ

 

 

一方で変わっちゃいけない部分もある

それがtakaichi先生の言われている「謙虚さ」
自分は常に足りていない存在で、周りの人に助けられて成り立っている

多くの人の支えがある中で生かされている

だから学び続けなければならない

それは先輩からだって、後輩からだって、子供達からだって。

 

その気持ちを忘れた時に、成長はなくなるだろうし、奢る態度になって現れる。

 

全ての中堅の皆さん

立場は人を変えてくれる

だけど

立場によって人は変わってしまうものもある

 

立場を、「自分を変えてくれるもの」か、「自分を変えてしまうもの」かどちらにするかは自分次第。

 

しっかりと見つめ、いつも謙虚でいよう

そして成長し続けよう

全国の「中堅」の仲間たち