小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

「先生の学校」に行ってきた 【文字からわかる子供のSOS】

f:id:kesuke03:20170829035217p:plain

一昨日、渋谷のBOOK LAB TOKYOにて行われた 

先生の学校に行ってきた

 

先生の学校とは

ミッション

先生たちに新しい視点を届けることで、子どもと先生、両者の人生をより豊かにする

ということを掲げ、先生に新しい学びを提供していくことを目的としている場だなと思って。そのミッションにとても共感。 

先生の学校|良質なインプットを様々な先生へ提供

 

冒頭の「校長」の三原さんの言葉は

落ち着いているんだけれど、エネルギーがあって。

この会への思いとか、彼女の情熱とかそういったものが感じられてすごくエネルギーをもらった。

この空間やコミュニティがとても柔らかく、かつ温かく、それでいて熱すぎない感じ。

それが「これだったらちょっと頑張ってみようかな」「学びたいな」という雰囲気を作っているのかもな。

そんなことをこの空間、学び場に感じた。

 

今回の講師は

筆跡診断士 芳田マサヒロ 先生

f:id:kesuke03:20170829034840j:plain

 

この方はメディアにもよく出られている方(らしい。TV見ないから知らない。。。)

スマスマ、AKBとの共演などもされていて、TVやラジオなどの出演も多数

今度ラジオで、パーソナリティも務める。

 

温かいお人柄と、演劇仕込みの通った声であっという間の2時間。

多くの学びをいただいたのでシェアさせてもらう。

 

大前提となる考え方

 

しきりに芳田さんが言われていたのは、

 

文字の乱れ → 心の乱れ

 

ということ。

 

子供がSOSを発するのは文字からのことも多く、心が乱れ、文字が乱れ始め、生活が乱れという子を見てきて、文字に現れるということがわかったそうで。

 

だから教師という、子供の文字と関わる仕事の人は、それを早期発見できる機械を持っていて。だからそのアンテナを立てておくことが大切というメッセージ。

何事もそうですが。

知らなければ、そこに考えが及ぶわけもなく、危険信号が光るわけもない。

知るっていう一歩めは超大事だ

 

だからこそ、この先生の学校ってその1歩目の支援をしてくれる場なんだな。ふむふむ。

 

 

 

そしてこれに関して、もう一つ大事なこと

 

逆また然りで。

文字を変える → 心も変わる

 

文字はSOSのサインではあるんだけれど、

一方で

文字を変えるだけで自分も変わっていける

そう言われていた。

 

例えば、私の田

f:id:kesuke03:20170829041811p:plain

この字を見るときにポイントの1つに

最後の5画目の横画がきちんと左右の縦画に繋がっているかどうか

それを見るだけでその人の人間性や性格などがわかるそうだ。

 

皆さんも書いてみませんか?

 

 

 

 

 

ここからわかるのは

 

丁寧さ・詰めの甘さ

 

だそうだ。

 

私の田は

f:id:kesuke03:20170829041811p:plain

見事に空いている!!

 

そう、私は詰めが甘く丁寧なことが苦手。大の苦手。

図星だ。。。2時間のうちでここが一番共感した。

 

これを空けてしまうというのは、小さな指先の行動だけれども、それが自分の行動の傾向になっていく

 

ここを丁寧にできない人は、何事においても丁寧に最後までやることができない。

(耳が痛い)

 

 

だけど芳田先生は言う。

文字を変える → 心も変わる

 

上記の田の5画目

これを閉じるという意識を持ち続けること

そうすることでこの小さな指先の行動だけれども、それも自分の行動だからそこを繰り返していくと、最後まで心が行き届くようになる

 

それも自分の行動の傾向になるから、そうすると自分の行動が変わってくる

 

そうすると自分自身が変わっていく

 

芳田先生とメッセージのやりとりを幸いなことにさせていただく機会を得て、こんな言葉をいただいた

字に自信がないと自分に自信が持てなくなり他の行動にも自信が持てなくなり、逆に字に自信を持てると他の行動でも自信を持てるようになるのもまた事実です。

 

文字は自分の心の鏡であるがゆえに、文字を大切にすれば人からも大切にされ、人を大切にできるようになると信じています。

 

なるほど。。。。。

今まで乱雑に、相手が読めないような字を書いてきた自分がとても恥ずかしくなった。相手を大切にしてなかったんだなと思って。それってきっと自分自身も大切にしてなかったんだなと、

 

 

不思議と・・・

 

その後家に帰ってから書く字に対して、とても丁寧に意識して書くようになった。

そこに対して認知し、受容されたからだろうな。

 

まずは字から自分を変えてみよう

そう思わせてくれる学びの機会をいただいた

 

 

学校の先生、芳田先生ありがとうございました!

 

 

なりたい自分になる!  筆跡の魔法

なりたい自分になる! 筆跡の魔法

 

 

 

 

PS

今度、これを保護者会でやってみようと思う。

「質の良いインプットはアウトプットを生む」という先生の学校の理念、本当だな。