小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

9月1日に小学校教師が思うこと3つ 【学校来なくてもいいんだよ】

f:id:kesuke03:20170901055604p:plain

 

今日から新学期。

いよいよ始まる。

今日という日はきっと多くの子供達にとってスイッチになる。

ポジティブなスイッチになる子もいれば、ネガティブなスイッチになる子もいるだろう。

 

それはもしかしたら先生たちも同じかもしれないと思って。

 

周りで数人、メンタルダウンしてしまった先生の話を聞くと、より一層思う。

自分も気をつけないと。

 

 

9月1日という今日に小学校教師である自分はどんなことを思っているのかを書こう。

・この夏休み何していたんだろうか。

・これからの不安

・学校来なくてもいいよ

 

この夏休み何していたんだろうか。

毎年襲ってくるこの気持ち。

夏休み前の「こんなに時間あるんだから◯◯したい」「●●しなくちゃ!」

そんなワクワクした気持ちから立てた計画は大体が計画倒れ

本なんて10冊以上読みたいものがあったけれど、読んだものは全然違うもの。

途中で終わっているものもある。

こういうのを見ると「できなかった自分」が目につく。

 

一方で

この夏休みはほとんど出勤もせず人に会っていた。

とにかく会いにいく、対話しにいくがテーマだった。

そこは例年よりもフットワーク軽くいけたなという実感が自分の中にある。

 

ここから考えると、自分の快・不快を考えた時に、やっぱり人と会うことに対して自分は超好意的な感情を抱いていて、読書に対してはネガティブな印象を持っている。

そこを意識した、人に会うという設計をできたことは間違いなく成長でしょう!

 

という風に前向きに受け止める。

 

 

これからの不安

教師も今日という日を迎えるのをドキドキしている。

 

www.kesuke03.xyz

 

やっぱり新学期ってドキドキするのは変わらなくて。

先生たちだってドキドキしている。

 

それに、

・この1ヶ月間との忙しさのギャップ

・学級はうまく作っていけるだろうか。

・また同じような失敗を繰り返さないだろうか。

 

そんなこんなで不安だらけだ。

大丈夫かな。ドキドキだ。

 

 

学校来なくてもいいよ

news.yahoo.co.jp

 

ここにはいろんな事例が載っている

自分も同じ気持ち

 

命を一番に考えて

 

学校行くことより、生きていることの方がよっぽど大事。

だから無理して来ないでいいよ。

自分の命に正直になって生きて欲しい。

 

 

 

なんか書いていて自分も胸が苦しくなってきた。

ちゃんと自分を愛して行こう

 

他人から見た自分をどうこうするんじゃなくて

自分から見た自分を、ちゃんと認めてあげよう。