小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

家のことしながら、西村創一郎さんの講義に参加した 【Schoo やっベーぞ!】

昨日初めて利用してみました

 

Schoo!

schoo.jp

 

ある講座が見たくて、何もわからず利用し始めたのですが、これ

すっげーぞ!!!

 

何がすごいって

オンラインで参加型なのが何よりの特徴。

f:id:kesuke03:20170908051228p:plain

 

昨日はご飯を食べた後、19時からの生放送

 

19時〜19時20分 お風呂で一人で見る

19時20分〜19時40分 お風呂で娘の体と頭を洗いながらもなんとか執念で見る

19時40分〜20時 食べ終わった後の食器を洗いながらイヤホンで聞き、参加

 

昨日は1時間を受講することに血眼になっていた。笑

 

でも家にいながらそれを可能にするのがこのSchooというサービス

 

これはやっぱり

やっべーぞ!!!

 

 

それでどうしてこんなに血眼になって講義を聞きたいかと言うと

今自分の中で一番ホットな人の講義だったから。

 

それが西村創一郎さん

f:id:kesuke03:20170908051705p:plain

 

自己紹介(ご本人のブログ)はこちら。

はじめまして。西村創一朗です。 – NOW OR NEVER

 

 

そしてこんな形の講義でした。

schoo.jp

 

私もいくつも質問をさせていただき、それに対して答えてもらえたりして嬉しい!となりました。これが参加型か。

ここでの学び多いにありました。

 

①二兎を追って二兎を得る社会を作る

西村さんといえばこの言葉。

この言葉を心から言っていることが言葉の端々から感じさせられます。

 

副業ではなく、複業と言う考え方で

一つの仕事に固定される考え方ではなくて、自分という人財をいろいろなことに試して行く、つかって行くという感覚をお持ちの方

 

そこにすごい共感していて。

 

西村さんは初め、複業の第一歩目はリクルート時代に、ブログを書き始めたことだって言っていた。それも実名で。

 

そうか、そう考えると今自分がやっているこのブログも複業なのかということも見えてきた。

学び場を作っていることも複業? 

確かに自分は教師という仕事だけじゃなくて、それ以上に他のものも得たいという「二兎を追って二兎を得る」状態を望んで動いているのかもと気づいた。

 

複業のとあるリサーチがあるそうで

複業をやった会社とやらない会社で調査をしたところ

複業をやった方が本業へのモチベーションが上がったという調査があると言っていた

この感覚、すごいわかる。

私も土日に学び場を行なった後のモチベーションの上がり具合といったらない。

 

 

②家族への考え方

この人にものすごい惹かれている最大の理由が、私と同じパパであるということ。

弱冠29歳で、小学3年生のパパ。3人子供がいる。

 

この方の考え方がよく現れている言葉が

ファミリーファースト

という言葉。まさにここに超共感。

そのファミリーファースト実現すべく、独立し週4日という働き方を実践している。

そして、毎日6時には家に帰り、家族との時間をすごす。

私にはキラキラ輝いている世界にしか見えない。。。

 

今プライオリティとしては

ファミリーファースト

ワークセカンド

ソーシャルサード

と言っていた。

 

ただ、西村さんは5年後の2022年にはこれが変わるとも言っていた。

 

それは、5年後に一番下のお子さんが小学校入学を迎える。

そして上のお子さんたちはもう中学校や小学校高学年。

 

この時期になると、もうワークへのアクセルベタ踏み状態

そうすると今の働き方ではなくなり、そこから本当の意味での複業の本領に入ると言われていた。

 

すごく今を大切にされる方なんだけれど、そこの未来思考も持っているんだということに驚いた。そしてそれが明確。

 

 

 

 

 

いやあ昨日の1時間はとてつもない学びがあった。

うけて良かった。

 

 

Schooさん、ありがとう!

やっベーぞ!

 

 

西村さんのやっているイベント

 

www.kesuke03.xyz

 

西村さんのツイッターにはまっています これ超良ツイート