小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

タブレット導入への怒り 【いい加減にしてほしい】

この2学期から本校にも来ました

 

タブレッッッッッッッッッッッット!

 

いよいよ!という感じです

 

昨年度から本自治体にもくると聞いていたので

 

昨年度末の調査では自由記述欄にこう書いた

「スペックの低いタブレットを入れるくらいならないほうがいいです。せっかくのお金を投資して使われないという宝の持ち腐れはあってはなりません。絶対に絶対にぜったにiPadにしてください!

 

 

それから半年後・・・

 

タブレット導入

 

そして見てみたら

 

iPad!!

 

じゃない・・・

 

これだった。

 

http://www.fmworld.net/biz/schooltablet/product/img/pro01_ph01.jpg

www.fmworld.nets

 

その時点でかなりがっかり。

絶対だめタブレットだ、そんな気持ちだった。。。

 

 

だけどほんの少しだけ希望を持っていた。

もしかしたら結構使えるものなのかも・・・

というかそうであってほしい

じゃなくちゃ意味がないよ・・・

 

 

そんな淡い期待をもって、先日実際に触ってみた。

 

 

 

そうしたら・・・

 

 

 

使いづら

 

 

 

 

以下使いづらい点を上げていく

・ホームボタンとかなくてわからない、直感的な操作ができない(操作に長けている大人でも)

・ログオンが難しすぎて5分以上かかる

・カメラのアプリを探しても見つからない

・カメラやっと見つかって使ったら、画質がiPhone3Gレベル

 

さらに悪い噂は絶えない。他にも聞いたこととして

・電池が1日も持たない

・クラスで使うとインターネットが繋がらなくなる

 

 

 

声を大にして言いたい

 

バカにしているのか!!

これ採用したの誰だ!!

 

 

 

これらはリースで貸与されるのだけれど

短くても3年、長くて5年くらいが一般的だろう

 

導入したばかりでこの低スペック感丸出しで

この後の3年間、世は進んでいくのに学校はどうして時代遅れを味わわなきゃいけないんだ〜!!

それはつまり、時代遅れを教育していくことになる

先生も子供も、この機会を教育活動に使って追いついていけるわけがない。

 

 

 

なぜこういうところにコストを掛けないのか。。。

 

理解に苦しむ。

これが私の、最近の一番のストレス。

 

私、あまり怒るほうじゃないけれど。

こればかりは怒りたいよ。その感情抑えられない。