小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

博多高校の事件について小学校教師が思う3つのこと 【ただただ残念】

Twitter上で話題のこの動画はもうご覧になりましたか?

 

 

流れてきた情報だけを基に言うと

 

博多高校の1年生のクラスで、iPadをいじっていて使っていて

何度注意されてもやめなかったから取り上げたら

男子生徒が先生に食ってかかり、暴力を振るった

その動画が何かしらの形でSNS上に流れこの騒動となった

 

 

この件を見て私なりに感じたことを書く。

 

①普段からそうなの?今日だけそうなの?

この動画を見ていると、この暴力を振るっている態度は、日常的な印象を受ける

先生への敬意も何もあったもんじゃない。

 

それと同時に、周りの生徒の反応に嫌気が差す。

対抗した先生に対して、席に戻って行った生徒を揶揄して「ざっこ!」とからかう。

 

これって今日だけなの? いつもなの?

僕はこれはいつものことなんじゃないの?と思ってしまう。

そう言う雰囲気がはびこっているし、周りの雰囲気が日常的な緊張感のなさだ。

 

だから今回のは、きっと日常が晒されただけなんだ。

こう言う風に動画が撮影されているのも日常なんだろう。

高校生たちが、教室や先生を撮っているSNSはゴマンとある。

 

とても胸糞悪い。

 

②自分の経験を思い出してしまった。氷山の一角

自分の経験を思い出さずにはいられなかった。

見ているだけで胸が苦しくなった。

暴力に対して何もできない先生。

からかう周りの生徒。

 

完全に学級というものが成り立っていないけれど

自分にも同じ経験があるから、とても辛い。

 

どうしてこうなってしまったんだろう。

自分の過去をまた責めたくなってしまう。

 

悪いんだけれど

上に書いた①のことと連携していくんだけれど

こういう雰囲気を作ってしまっているのは、先生だと思う。

 

日常的な何かがこうさせているんだろう。

僕と同じだ。

 

殴ったやつを擁護する気はサラサラないし

社会的制裁を受ければいいと思う。

 

だけど、そういうことにさせてしまったのは大人である私たち教室なんじゃないだろうか。そう思わずにいられない。

 

そして、こういうことが起きているのは、福岡の博多のこの教室だけじゃなくて

全国津々浦々の学校で起きていることも知っておいて欲しい。

 

③一番辛いのは先生

nlab.itmedia.co.jp

 

この関連記事を読んでいてこんな言及があった。

――先生のおケガはいかがでしょうか

博多高校幸い大きなケガはありませんでした。精神的なショックについても大丈夫とのことで、逆に「学校にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ない」と仰っています。
(上記ページから引用)

 

ネット上で顔を晒され、自分の授業の様子も晒され

誰よりも辛いのはこの先生だろ

(この男子生徒は未だTwitter上で晒されたことに被害者意識があるとか。。。)

 

自分の授業でこんなことが起きて、

・(可愛いはずの)生徒には迷惑をかけて

・対応などに奔走させてしまい、学校に迷惑をかけて

・同僚などからもきっと迷惑をかけているだろう

・ここに通わせている保護者にも。。。

・OBやOGにも。。。

 

なんてことをきっと考えているに違いない。

先生は自分を責めがちだ。

 

だけど、そう思わないで欲しいと切に願う。

この生徒にはそう思って欲しいけども。

 

きっと今居場所がないだろう。

この動画はどんどん拡散していき、テレビなどでも取り上げられ

人生最大のどん底じゃないだろうか。

私だったら休職してしまいそう。

 

だからどうか博多高校の先生、今はゆっくり休んでください。

そしてまた元気に教壇に立ってください。

 

 

 

感情的になってしまい、矛盾がたくさんあるけれどそのまま投稿する

しかし、残念だ。