小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

糸を緩める 【私なりの働き方改革】

積極的な年休を取る

 

先週は、運転免許の更新、病院への検査などがあり、週に3回も午後の休みをもらった。

 

小学校で年休をもらうって少しハードルが高い。

 

www.kesuke03.xyz

www.kesuke03.xyz

 

以前にもここの記事に書いたんだけれど、いつも一緒にいる担任の先生が年休を取るって少しハードルが高い。

 

だからみんな取らない年休を。

 

だからこそ、教員であるみなさんに言いたい!

年休を取りましょう!!

 

昨日仲間との対話の場でこんな例えがされた

 

「緊張の糸」

 

https://ord.yahoo.co.jp/o/image/RV=1/RE=1506976078/RH=b3JkLnlhaG9vLmNvLmpw/RB=/RU=aHR0cHM6Ly9zdGF0LmFtZWJhLmpwL3VzZXJfaW1hZ2VzLzIwMTUwMjIyLzIzL2FuZHktcHJhZGEvNDUvMjYvai9vMDQwMDAyNTcxMzIyNjA4OTM2Ny5qcGc-/RS=%5EADBPSac.NHEVZGGB1JRDfQn3hAr3kE-;_ylt=A2RCA5TNT9FZ3UQAsAWU3uV7;_ylu=X3oDMTAyN3Vldmc1BDAD;_ylc=X3IDMgRmc3QDMQRpZHgDMARvaWQDQU5kOUdjUjduLXkyTy1zVGlMZ25KQ1VlUk9YSV9ZTnF0VUstQ21SM1B2TmMzcHBhQXIyMWljMEk4eElrRl9ZBHADNTdPNDQ0Q0E1YnkxNDRLSzZLbXc0NEtCNDRLTARwb3MDMQRzZWMDc2h3BHNsawNzZnN0BHR1cmwDaHR0cHM6Ly9tc3AuYy55aW1nLmpwL3lqaW1hZ2U_cT1uRE40bmZjWHlMRnlsWi5kc3l6aWZjWGV6dVg2M2JFXzVqSmFLVXd6MTFrLnpyVWQ1eFlBRWIxbE42dTh0U0VObTNTTzBXd1dSckw3SUZDb2JTZFNISTd1bTNKUWtERThiYU5TWi5ReFlxOVlfT3V4ZkJHOTFtVDN0WVRjOVFQYmEzU3JDWXU0UmhEd0NjU0NMX2lQJnNpZz0xM2EwdXFiNmU-

 

僕らは普段仕事に取り組んでいて、心はこんな状態じゃないか。

どの仕事においても、みんなきっと気を張ってやってるはず。

 

「糸が切れる」なんて表現をするんだけれど

頑張りすぎて頑張りすぎて引っ張った糸はいつか切れる。

 

切れたその糸を元に戻すことってできなくて、また短い状態から少しずつ張り直していくしかない。

 

切れてしまってからでは遅いのだ。

 

 

休みを取るってこういう状態のことで

f:id:kesuke03:20171002052720p:plain

 

「糸をダランと緩めること」

自分の中の張り詰めていた糸を一度緩めること、それが休むということだ。

 

ちゃんと緩む時間を作ってあげることで、ちゃんとまた引っ張って張ろうという時間ができる

 

こういう緩めることで、視野が広がったり、心にゆとりができたりする。

何よりも機嫌がよくなる

そこが一番大事な気がしていて。

 

子供と一緒にいる大人が機嫌よく過ごせるようにすることを大切にしたい。

 

そのために、ちゃんと年休を取る

それが大事!!

 

 

自分がいなくても学校はどうにかなる。

(もちろんどうにかしてくれている人への感謝は忘れずに。)

 

休みのあり方

働き方

もうちょっと考えて見ませんか、先生たち。

 

 

大切にしている考え方↓ 

www.kesuke03.xyz