小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

フリーランスの先生ってあり?なし? 【自分のあり方を問う】

f:id:kesuke03:20171005044651p:plain

最近自分の仕事のあり方に疑問を持って来ている

 

このまま続けた方がいいのだろうか?

他に自分のあり方ってないのだろうか?

 

そんなことを問いている。

 

別に自分が特別なんていうことはこれっぽっちもないんだけど、

だけど、特別でありたいっていう気持ちが強いんだろう

 

その一つの選択肢がフリーランスになるということ

はっきり言って「フリーランス」っていう言葉の響きに憧れているだけなのと

どんなに頑張っても伸びやしない現状の給料が嫌になり始めているのと(安定感は抜群)

憧れる人たちが皆、職を辞めて新しい職で働くことに非常にポジティブであること

 

そんなことを見ているととても魅力的に映る。

 

 

そんなモヤモヤを朝の学び場で対話を楽しむ、フリーランスの仲間に相談したところこんな返答があった。

 

①自分自身で土俵を作っちゃえばいい。

 

②自分にできることを一つずつ棚卸ししていく。

継続 朝早起き ラグビー 学び場 

それが自分の勝負できる土俵

 

③わからないから不安

具体的なプランを作るしか、不安は消せない。

やってみたらどうにかなる 

 

この3つの言葉が妙に刺さった。

③は、前に同じようなことがあったのですごく実感を伴って感じる。

具体的なロールモデルがいないから不安なのだ。

 

だから調べてみればいいやと思ってググってみた。

 

cool-worker.com

 

maka-lab.com

 

こんな人たちもいるんだ!

というのが今の率直な感想。

 

働いていると今の選択肢しか浮かんでこないけれど

世の中はもっと自由だな。

 

フリーランスってどんなイメージか言語化していくといいと思った。

のでブレストでやってみる。とにかく書き出す。

 

・自分で仕事の時間を決めて、時間を自由に使える

・だけど自由ばっかりやっていてもダメ

・大人の学び場をプロデュースすることでマネタイズしたい

・だったら大人の塾とか? 子供の塾をやることもいいかも?

・企業研修などにちかい?

・自分で立場は作っていく

・子供と妻をどう食わしていくか。

・間違いなく給料は下がる。だけどそれなしでは自由は手に入らない。

・どうしてやりたいのか?? 

・もしかしたら自分て社長みたいなものに憧れているだけかも。

・経営とかCEOとか言いたいだけなのかも。

 ・人と違ったことをしてみたい

・自分は特別って思いたいんだろうな

・きっととてつもなくイバラの道

・探求をしていくことを学べる塾を作りたい

・大人も子供もたのしいじゃない これなら。

・自分の好きなことにとことんはまれる学び場。やってみたい

 

そんなことを思っているんだと自分でも気づきをもらえる。

 

 

 

どんな形があるのか。

それを模索しながら生きていきたいな

そんなモヤモヤブログ。