小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

職場でのストレスを書き出してみたら結構よかった話 【おばちゃん先生への愚痴】

f:id:kesuke03:20171007050343p:plain

今の職場のストレス

 

とあるおばちゃん先生が、教育評論家。

 

こう言っている時点でその人からの学びを得られていないのかもしれないけれど。

 

その人っていつも何かと比べる

前の学校と、他の学年と、隣のクラスと、隣の先生と。前の先生と。

いつも比べていつも評価している。

今日も比べられた。

隣のクラスは静かでどんどん進む。

うちのクラスはすぐにおしゃべりが進んで、静かにさせるのに時間がかかって進まない。差が出きてきたと。

この人から言われることをこの学校に来てからずっと気にしていて。

 

その視点も間違いないし、みんなが気持ちよく授業できるクラスだといいなと思うんだけれど。だから直した方がいいだろう。

だけどこの人には自分自身そのものを認めてもらっているという実感がまるでないから、何をやってもどんな授業しても、どんなクラス作ってもダメだろうなって感じ。

事実、去年のクラスは相当子供達の出来がよかったしまとまりもあったと思うけれど

いくら頑張っても前担任のおかげだと。

その前担任のことはめちゃくちゃ買っていて全て肯定。

 

んでその先生は、とっても厳しいの。

嫌なことも言えるという意味ではとてもすごいなと思うんだけれど。

しつこすぎるくらい攻め込むところもあって、子供への対応は見ていて嫌になる。

でも自分にも厳しいところもあるから尊敬はされている。

そこは救い。

だけど、腹の底ではこの人、人のこと全然尊敬・尊重していないなとか

敬っていないなというのが透けて見えていて

だからこっちも好きになれない。

 

 

昨日もいくつか話を聞いたら

・昔の子と比べて今の子は・・・

・あの人の作文指導はすごい、他のクラスと比べて・・・

 

その人ならなではのところなんて見ていないんだなこの人は。

だから尊重なんてない。

全て自分の価値基準でいい悪いを判断する人。

そしてそれを周りにアウトプットする人。

 

 

 

この人への愚痴をつらつらと書いていたら、結構整理されて来てスッキリとして来た。

これいいかも。

何が愚痴なのかを書き出すことで、自分の中で整理される。

 

ちょっとオススメ。

 

3連休。

では仕事行ってきます