小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

パパvs3歳の決闘(葛藤)をご覧ください 【子育てって日々迷い】

昨日は久しぶりに18時に帰宅

 

妻が体調が悪そうなので晩御飯を作った

 

妻のようにうまくはできないけれど、頑張った。

 

 

 

そのご飯の時の下の3歳の娘の話。

 

僕が久しぶりの我が家ということもあってか、ものすごい甘えてきた。

「パパの膝の上で食べる〜〜!」

 

まあよしとしよう。と思い一緒に食べる。

 

そしたら普段自分が座っている席に姉が座ろうとしたら、

「ダメ〜〜〜〜〜〜!!」

と全力で泣きながら否定。

 

その後食べていて、サラダにゴマドレッシングをかけようとすると

「自分でかける〜〜〜〜!」

と大騒ぎ。

 

そして

そのご飯を娘が半分くらい食べたらグズリだした。

ちょっともうさすがに疲れたので一緒に風呂に入る。

 

機嫌よくなりニコニコでお風呂絶好調。

 

その後お風呂から出たら、寒いのに、半袖短パンのパジャマを着るという

頑なに「いやだ〜〜〜〜!」

もうブチギレ。

そこで喧嘩勃発。

f:id:kesuke03:20171019051920p:plain

 

 

ここまでいうことを聞けないなら出ていけと玄関まで抱っこで連れていく。

泣いて抵抗する。

戻すもまた着ないという。

また玄関へ。

戻すもまた着ないという。

また玄関へ。

 

を繰り返しようやく着る。

 

ああ、どうしたらいいものか。

父は憎まれ役でいいと思っているんだけれど、ちょっと自分の中で色々と考えながらこの行動をとった。

 

 まさにダブルバインド状態作っているな自分って。

www.kesuke03.xyz

 

 

自分の好きなように生きて欲しい (主体性)

とはいえ

周りに迷惑をかけて生きていく人にはなって欲しくない (規律)

 

その両極がなんどもなんども行ったり来たりする。

多分これって二曲対立で考えるものじゃないんだけれど。

おそらく規律の上に主体性があるイメージ。

 

でもどちらを重視していくのか、親として。

その子の状態とか性格によって違うんだな。

 

そんなことを迷った夜だった。

ああ、子育てって簡単じゃないな。