小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

台風発生!先生って守られてない!! 【出勤時刻繰り下げの提言】

f:id:kesuke03:20171023045116p:plain

 

 今台風がきて、すごいことになっている

 

外はすごい雨と風

 

人知など無力だなと感じずにはいられない

 

自然の力には勝てない

 

そんなことを今回も目の前に突きつけられた。

 

 

 

我が校は登校時に台風がまだ接近しているため、3校時から登校となった。

「半」休校

ここには安全管理はもちろんのこと、授業時数給食センターなどとの絡みも出てくるので一概に一日休校とは行かないのが現実だろう。

 

まあ何よりも安全に学校に来てくれることが一番。

 

子供のことはわかるんだけれど

 

大人の教員たちの出勤時刻はというと

 

いつも通り!!

 

子供達と違って、ずっと遠くから1時間以上かけて来る人もいて。

それって一番雨風が強い時間帯に来いということで。

 

これってひどくないか!?

 

もちろん安全に来られる時間帯を選んで「休みはとってもいい」というアナウンスも付いているから配慮はされているけれど

 

でもさ!

 

どうしても外に出られない中、出勤できませんという状態なのに、それを権利である有給を使うことを充てられるっておかしくないか?

 

それって地震が起きて、電車があまり動かなくて出勤厳しそう!ってなっても、じゃあ有給をとって休んでくださいってなるのかな?

 

子供が来てなくても。

 

 

そこって出勤時刻を繰り下げたりできないんでしょうか!?

時刻を繰り下げる=教職員の安全を守るってことになるのでは!?

 

子供達の安全はもちろんだけれど

先生たちの安全もきちんと保証することも、学校側や自治体側にできることじゃないのか??

だって先生たちにだって、自分を守る必要があるし、家族のことを守らなくてはいけない人だっているし。

 

年休や有給をきちんと、自分の権利として使えるものにすること

 

不可抗力を避けるために使うものではない。

 

これだって働き方改革じゃないのかな??

 

そんなことを考えた台風の朝。