小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

学校と研究講師の気持ち悪い関係 【 約束を守ること=信頼 】

昨日は来月に控えた研究発表を控えて

 

校内研究の講師の先生とプレゼンの確認

 

約束の時間は10時から

 

担当の私ともう一人の先生は授業をどうにか工面して職員室へ

 

お迎えの準備万端

 

 

しかし来ない。

 

10時15分電話をする。

 

あと10分で着くという。

 

来ない。

 

結局次の時間もどうにか工面。

 

10時45分になっても来ない。

 

また連絡。

 

あと10分で着く。またこれ。

 

もう諦めムードで待っていた

 

結局11時10分に到着。

 

「車が新しくなって、ナビがわからなくて慣れてなくて。ごめん!」と言う。

 

本当か?

1時間10分も遅れることが予想できないナビがあるだろうか?

 

不信感は募った。

 

この方は偉い方で、みんな何も言えない。

校内研究の講師の先生は、学校側にとっては完全に「お殿様」で

「ははあ〜」と従うしかない。

f:id:kesuke03:20171027054438p:plain

 

これっておかしくないか??

 

こちらだってお金を払っていて、契約しているんだ。

こう言う事態が続くのならば本来契約解除をできる権利を学校側は持っているんじゃないのか??

 

だって仕事をしているのは人と人。

信頼関係があってこそ、そこは成り立つものだろう。

 

講師と学校の関係にものすごい違和感を覚えた。

 

おかしい。

 

 

この講師の先生が迷惑をかけた人数

教師5人

講師2人

児童65人

この実感があるのか?あるわけないか。

 

 

愚痴になりすみません。やっぱりおかしいよこれ。