小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

先生は地域行事参加するべきなのか? 【2×2で考えてみた】

f:id:kesuke03:20171028195208p:plain



今年も参加してきた

 

町内運動会 

 

www.kesuke03.xyz

 

我が家では毎年恒例となっている

 

今年の収穫は

 

大きな大根2本

じゃがいも2袋

子供達のお菓子4個

ファンタ2本

 

楽しみながら、無料で野菜やお菓子までもらえる

なんて素晴らしいんだ

 

夜はもらった大根でおでん

冬の訪れを感じた。

 

f:id:kesuke03:20171028192437j:plain

 

 

そこの運動会は娘が来年からお世話になる小学校で

 

そこの小学校の先生や管理職も来ていた

 

もちろん休日。しかも昨日は研究発表だったのに。

疲れた顔など一つも見せずに、地域の運動会に最初から最後まで顔を出していた。

 

ここで、自分には一つの問いが浮かんで来た。

 

「先生は地域行事に参加すべきなのか?」

 

これはどちらも言えると思った。

そして立場によってこれは違うとも思った。

 

先生本人にとって/保護者にとって

先生が参加するメリット/先生が参加しないメリット

 

 

2×2で考えていこうと思う

 

この4つので考えていきたい

 

①先生本人にとって×先生が参加するメリット

一番のメリットは、地域や保護者に顔が売れるということ。

また日常に近い形で、地域や保護者の方々と関係を築けることだ。

 

こういう地域行事に顔を出す先生は親しみやすく、何かの機会に声をかけやすくなるだろうし、そこから信頼関係もできる。

 

ここからできた関係で私もなんども助けらえれたし、今でもそういう方は繋がっていたりする。

なんだかんだでいつまでも味方でいてくれるのはこういう方達だったりする。

 

 

②先生本人にとって×先生が参加しないメリット

何よりも休めること。

だって休日は休むことが当然の権利としてあるのだから、それが実行できることが何よりだ。

また、地域や保護者との繋がりができすぎることも問題だったりする。

一つ属して行くと、また違う会にも、他の会にもという際限がなくなったりする。

参加しないと言っておくと、地域の飲み会など誘われることさえない。

そこに使う労力を減らすことだって、生きて行く上で大切なことだと思う。

だって教師だって人間で、キャパシティがある。

優先順位をつける時に、勤務先の地域行事と自分の人生どちらが大切か?と問われたら、自分の人生と考える先生の方が健全ではないか??違うか?

 

③保護者にとって×先生が参加するメリット

自分の子供の担任の先生が来てくれていると、それは嬉しい。

まずコミュニケーションが取れる。

普段話せない先生を、距離が遠い先生が身近にいてくれるだけでも意味がある。

ちょっとした冗談が言えたり、普段見えない一面が見えたりする。

また、他のクラスの先生が来ていない中で、自分の子供の担任だけ来てくれていると何だか誇らしかったりする。

そんなメリットがあったりする。

 

④保護者にとって×先生が参加しないメリット

これだってある。

先生がいると、まずしたい会話がなんでもできるわけじゃなくなる。

井戸端会議みたいな話をしづらくなるのはもちろん。

それが、先生がいないだけで一気にフラットな会になる。

 

同様に変な緊張を味わわずにのびのびと過ごすことができる。

 

先生が来ると、一気に先生を頂点とした変なヒエラルキーが生まれる。

あれって気持ちが悪いというか、不自然。

 

なんかお客様扱いがすごい。

 

 

なんでもそうだけれど、メリットデメリットがあるし、それは立場によっても違う。

どんなところを選んでもいいんだけれど、自分の意志で選び、そこが一貫していることが大切なんだろうな。

 

ある時はきて、次の時は来ないとかだと不信感を産むんだろう。

来るなら来る。

来ないなら来ない。

 

そういうはっきりとした立場を明確に示すべきだ。

それが私の結論

 

そんなことを感じた地域行事。

 

ちなみに私はほとんど参加しない。

だから参加される先生方を尊敬する。

 

休日出勤(無休・無給)お疲れ様です先生方。