小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

子供は大人のいうことは聞かないけれど、大人のすることは真似する 【映画「きみはいい子」】

昨日は隔週の朝の学び場

 

朝×地域×教育で対話をする会をしている

 

 

この会は3人〜4人で行う。

毎回担当する人が映像コンテンツを紹介し、それを元に対話をしていくという流れ

 

約20分で見る→ディスカッション40分

 

この朝の時間を過ごしてから行くと、1日の充実度が違う

 

昨日は仲間も一人増え、4人での会となった。

 

 

 

そこで仲間から提案された動画がこちらの映画

ご存知ですか?

 

f:id:kesuke03:20171115043302p:plain

 

 

昨日までこんな映画があることさえも知らなかった。

 

iiko-movie.com

 

こちらが公式サイト

 

↓ これが予告編


映画『きみはいい子』予告編

 

 

教師としても

親としても

考えさせられる内容ばかり。

 

一部を映画で見たのだけれど、涙なしには見られなかった。

 

自分には何ができるだろう?

教育って何だろう?

愛情って何だろう?

子供ってどんなことを求めているんだろう?

 

そんなことばかり考えてしまった。

 

 

 

 

 

とても共感した一節があって。

 

新米教師の高良健吾は、ひどく落ち込んだ時があり

同居する姉とその子供に励まされるというシーンがあった

子供が高良健吾を抱きしめ(膝の上に乗ってぎゅーってして)

「大丈夫」「大丈夫」ってゆっくり言うシーンには大切なものがたくさん詰まっていた

 

その後に、母親である姉が

「私が子供に優しくすれば、あの子は友達に優しくする」

「私が子供を可愛がれば、世界が平和になるわけ」

 

ズキューンと心を撃ち抜かれたと言うか。

 

そうだよなと、自分の自分の教育や子育て、妻への態度など振り返っていた。

 

 

対話の中で出てきた言葉。

「子供は大人のいうことは聞かないけれど、大人のすることは真似する」

 

子供は真似の達人。

 

 

目の前の子供の姿は、自分の姿なのかもしれないな。

 

 

 

 

深い映画。オススメです。