小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

悩んで悩んで悩んで 【夢にまで出てきた】

今、うまく関係を作れていない保護者がいる

 

すごく熱心な方で、子供思い

 

課題を持っている子供に対してどのようにしたら解決していくのか

それを本当に向き合って考えている

 

ものすごく情熱ある方だ

 

絶対に逃げない方

 

 

 

ただこちらへの接し方などは、改善して欲しくて

 

会えば会うほど

見れば見るほど

話せば話すほど

 

エネルギーを吸われているような気持ちになっていく

 

もちろんその方だって日々悩みながらやっているのはわかる

 

 

ただ、前向きな議論にならないのは、向き合っていく上でシンドくなる

 

 

昨日その方が夢に出てきた

 

楽観的な僕にもこんなことが起こるのかと、自分を心配した。

 

 

でもね、その方だって悩まれている

僕だって悩んでいる

 

こうやって試行錯誤していく必要があるんだよな

 

 

昨日見た動画にこんなのがあって


鴨頭嘉人のQ&A「嫌いな人との接し方が楽になる2つの解決策」

 

まずは自分の言葉を変えることが思考を変えることになる

 

思考って全部 言葉 なんだと。

 

ものすごい納得した。

 

ネガティブな言葉を並べてしまえば、そのネガティブな思考を促し

そしてその思考は行動をも支配するようになる

 

言葉なしに思考などできない。

だから自分の言葉を変えることが一番にできることなんだと。

 

 

 

「苦手だな」って思った人ほど、大切にしてあげなくちゃいけない人なんだよなきっと。

変わるかどうかは僕次第だ。

僕の言葉次第だ。

 

僕が後ろを向いてどうする。

僕が前を向き続けなくちゃ。

 

 

 

11月のこの時期って苦しい。

半年経って、軌道にも乗ったけれど

惰性が生まれ始める時

 

寒くなり始めて

大人も子供も、少し気分が滅入る時期

 

 

こういう時期を乗り越えれば、きっといい春を迎えることができる

ある意味そういう楽観視をもう一度取り戻すことも必要かも。

 

 

 

 

今日は出勤日。

 

行ってきます!