小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

Teamlancer に行ってきた 【教育フリーランスって可能か?と言う問いをもって】

peatix.com

 

行ってきました!

 

miha-lab.com

 

先生の学校主催の三原さんもご登壇されてた

 

そちらの記事からも多くの学びが!

 

(以下写真は三原さんのブログより引用)

 

初めに、

鳥居謙吾さんと西村創一郎さんのトーク

 

https://www.toriikengo.com/wp-content/uploads/2017/06/2017112701-600x300.jpg

 

西村さんは以前にも紹介した

 

www.kesuke03.xyz

www.kesuke03.xyz

www.kesuke03.xyz

 

 

鳥居謙吾さんはこちらから

トリイケンゴはどんな人ですか | トリイケンゴ.com ( ・`д・´)

 

 

 

今回初めてお会いしたが、年が近くそして三児の父でありながら、このご活躍。。。

 

 

 

 

まあこのお二人のお話がビシビシくるわくるわ

https://www.toriikengo.com/wp-content/uploads/2017/06/2017112703-600x300.jpg

 

西村さんのモデレートの巧みさに惹きつけられ

鳥井さんの行動力とビジョンを持つ力に魅了された

 

 

お二人のお言葉で印象的な言葉

 

 

西村さん「一次情報に勝るものはない」

 

今の世の中、情報社会と言われ

必要な情報は全てWeb上にあると言われる

 

本も溢れ有益な情報があると言われている

 

だけれど、鳥井さんも西村さんも、それらは全て上辺だけの情報で、真実は一切流れていないと言っていた

 

結局は人と会った時に得られる情報に勝るものはないと言う

人に会って、人から得た情報こそが、一番有益な情報だと。

 

それこそが一次情報

 

だからやっぱり人に会うって大事なんだな

 

自分の中で思っていたことが確信になった

 

www.kesuke03.xyz

www.kesuke03.xyz

 

 

 

 

鳥井さん 「教育をインフラに」

 

鳥井さんは今ファーストペンギン大学というオンラインサロンを立ち上げている

lounge.dmm.com

 

 

そしてゆくゆくは教育事業にも興味があるという話だった

 

その鳥井さんに質問してみた

 

「僕はゆくゆくは教育でのフリーランスが可能なのか?と考えています。鳥井さんはどういう事業をお考えなのか?」

 

そうしたら

教育って知識と環境があって。

 

知識はどこでも提供できるんだけれど

でも根底にあって一番に変えなくちゃいけないのは、

マインドセットを変えていく

心のベクトルを変えて行かなければいけない

 

そのためには

環境を変えて行かなければいけない

環境=一番よく喋る5人だと

 

そのよく喋る5人の中に入り込む可能性は、モバイルデバイスがあれば変えうることができる

 

フランスの人と一日チャットしていたなんてことも可能なわけで。

 

そうやって環境を変えていくこと

そういうインフラを整えていくことを教育事業としてやっていく

それがオンラインサロンで可能だろうと鳥井さんは言う。

 

 

だから教育事業=インフラを提供していくことだと。

 

なるほど〜

 

 

 

 

同じ世代のお二人は、ずっと先を見ているんだと言うことがよくわかった会だった。

 

 

そして僕はもう一つ確信した

 

 

この渋谷のBOOK LAB TOKYO みたいな場所を僕の住んでいる地域に作りたい。

https://www.toriikengo.com/wp-content/uploads/2017/06/2017112707-600x300.jpg