小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

子供は1日平均400回笑う 大人は・・・ 【 娘たちの姿から考えたこと 】

f:id:kesuke03:20180103055503p:plain

 

今年は29日からの6連休

 

明日から出勤

 

だから今日で6連休の最後

 

「ああもうおしまいだ」という気持ち半分と

「早く仕事がしたい!」という気持ち半分だ。

 

そんな僕の気持ちはさておき

娘たちはこの連休をとても楽しんでいるようだ。

長い休みって子供達にとっては嬉しいもので

普段と違ってゆっくりまったり自由にできる時間が長い。

好きなことに取り組める。

だからテンションも毎日異様に高い。

 

いつも娘二人でゲラゲラと笑い合っていて

僕はそれを見るのが、その声を聞くのがたまらなく幸せなんだ。

 

妻も、子供もずっとずっと笑っていて欲しい。

辛いことだって、大変なことだってこれから多いだろうけれど

だけど、どんな困難にも笑顔で生きられる人になって欲しい

 

www.youtube.com

(1分半の動画)

 

そんなことを思っていたら、同志がこんな動画をプレゼントしてくれた

 

前にCMで見たことはあったけれど、このタイミングで見るとまあ響くし染み入る。

 

 

笑顔の意味を考えさせられる。

 

子供は1日平均400回笑う。

大人になると15回に減る。

 

これが真実な気がしていて。 

 

感情の振れ幅が小さくなることはある意味いいことなんだろうし、それが適切に世で生きていく術なんだろうけれど

でも心が動かされるのって、どこか子供らしい人で、感情が伝わってくる人なんだな。

 

自分にはない無邪気さとか、懸命さとかをもっている人って一つの才能なんだよな。

 

 いつまでも子供のようにいたい

そんな風に思った。

 

そのためにはやっぱり大人次第で、

 

15回笑う大人よりもきっと30回笑う大人の方が魅力的だし

100回くらい笑っていたいな。子供に負けないくらい。

 

 

この1分半の動画の最後に

幸せだから笑うのではなく

笑うから幸せになれる 

そんなことを頭に入れて、日々過ごして生きたいな

 

娘たちの笑顔からそんなことを学ばせてもらったお正月。

 

さ、今日もたくさん笑おう