小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

手帳を使う人には絶対読んで欲しい本 【手帳のプロが読み返す本】

f:id:kesuke03:20180108192857p:plain

 

手帳

 

あなたは普段使っているだろうか??

 

少しでも使うことがあるのなら

 

絶対に読んだ方がいい本を紹介する

 

 

手帳という武器をカバンにしのばせよう (中経出版)

手帳という武器をカバンにしのばせよう (中経出版)

 

 

今、朝志塾という学び場で共に学んでいる「手帳のプロ」が

 

読み返すことの多いという本だから間違いないと思い、即購入。

 

 

まあ学びの多いこと多いこと。

 

手帳を横にして、即実践しながら読みまくった。

 

その中でも特にオススメしたいものを3つ紹介する。

 

 

①ペンの色は4色で!

手帳に使うペンは4つの色を使う

・赤・・・健康・体に関わるもの (血の色を連想)

   ex)歯医者や、美容院など

・青・・・仕事に関わるもの (青=冷静さを連想)

 ex)出張・会議など

・緑・・・楽しいこと・プライベート (緑=癒し)

   ex)デートやお出かけなど

・黒・・・その他の雑務・連絡など

 

これを意識しながら予定を書いていく。それを意識していく。

これ即実践できるし、自分の手帳がどんな色をしているかがよくわかる。

これを踏まえた上で、

 

② ⬜︎一日一緑

これを意識するだけで、一日にいいことが降りかかる。

上にも書いたけれど、緑は

・緑・・・楽しいこと・プライベート (緑=癒し)

だからそれを、自分で一日の中に組み込んでいく

 

例えば、⬜︎ コーヒーをゆっくり入れて飲む

とか

⬜︎ お風呂で半身浴

とか

⬜︎ 好きなドラマを見る

とか

そういった自分の「快」をあらかじめ設計しておく。

(これはウィークリーのページに書く)

 

そしてそれが叶ったら、⬜︎にチェックを入れて達成!とする。

そうして自分の楽しいことを叶える喜びを十分に味わうことを、毎日設計することがとても大切と筆者はいっている。

 

これも即実践!

 

③ しないことリスト

 

手帳のメモ欄にいろいろなことを書くといい。

例えば「ほしいものリスト」「今年の目標」「やりたいこと50」「会いたい人リスト」など紹介されている。(ただ書けばいいというものでもなく、その方法は超具体的に書かれていて即実践可能)

 

そのリストの中でも、秀逸だったのが

「しないことリスト」

 

自分がしないと宣言することを言語化する。

 

例えば僕ならこう。

・22時以降の飲み会は行かない

・直感的に会いたくない人にはわざわざ会わない

・無駄な気遣い

・18時以降の残業

・過去の人との無理な付き合い

 

などこうやって書いてみた。

 

これらを書き出すことで、自分を守ってくれるという。

なんかこうやって書き出すだけで、守れそうになってくるから不思議なもんだ。

 

まさに武器だ

 

今年は、自分の仕事のあり方が変わりそうだ。

 

「手帳と遊ぶ」時間を毎日5分は取っている。

手帳を使いながら、さらに自分を進化させていこう。

 

もう一度いう。

 

この本超オススメ!

 

手帳という武器をカバンにしのばせよう (中経出版)

手帳という武器をカバンにしのばせよう (中経出版)

 

(読書苦手な僕が、3日で読了。)

 

 

 

さあ今日から新学期!頑張ろう!!