小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

僕が学ぶ本たち 【これから読む本、読んだ本をリスト化してみた】

昨日は本屋で爆買い

 

1万円近く買った

 

今どんな本を読みたいのかが自分の中でリスト化された

読書が苦手な僕だけれど

積読が溜まって行くばかりの僕だけれど

 

でも本からも学び続けたい

 

 

いよいよこれを買った。 

「学びの責任」は誰にあるのか: 「責任の移行モデル」で授業が変わる

「学びの責任」は誰にあるのか: 「責任の移行モデル」で授業が変わる

  • 作者: ダグラスフィッシャー,ナンシーフレイ,Douglas B. Fisher,Nancy E. Frey,吉田新一郎
  • 出版社/メーカー: 新評論
  • 発売日: 2017/11/17
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

誰もが大絶賛の本

とても楽しみ

 

 

こちらも絶賛する人多い書籍。

ようこそ,一人ひとりをいかす教室へ: 「違い」を力に変える学び方・教え方

ようこそ,一人ひとりをいかす教室へ: 「違い」を力に変える学び方・教え方

  • 作者: キャロル・アントムリンソン,Carol Ann Tomlinson,山崎敬人,山元隆春,吉田新一郎
  • 出版社/メーカー: 北大路書房
  • 発売日: 2017/03/17
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

どっちから読もうかな。

 

  

 

 こちらは、大人の学びばBeyond Labo で読書会を企画中だから、それに向けて。

読書がさらに楽しくなるブッククラブ-読書会より面白く、人とつながる学びの深さ

読書がさらに楽しくなるブッククラブ-読書会より面白く、人とつながる学びの深さ

 

 もちろん子供に向けてできたらそれもいいな。

でも大人でやってみて、楽しかったらやってみる

そんなつもりでいようと買った本。

 

 

この本こそ、本を楽しむために読む本だと思うから、誰かと一緒に読みたい。

 

f:id:kesuke03:20180114051759p:plain

 

今の体育の研究授業に向けて。

というか後から見返せるように。

 

 

この4冊を昨日爆買い!

 

 

あ、これも積ん読に入っていた。早く読みたいと思って、しばらく経つ。 

たった一つを変えるだけ: クラスも教師も自立する「質問づくり」

たった一つを変えるだけ: クラスも教師も自立する「質問づくり」

 

 

 

 

ってどれも吉田新一郎さんの本じゃんか!

 

岩瀬先生が、吉田新一郎さんと書かれた本を読んで以来、このシリーズとても興味があるんだけれど、本棚にどうにも手が伸びない・・・。

 

その本は

効果10倍の(学び)の技法 シンプルな方法で学校が変わる! (PHP新書)

効果10倍の(学び)の技法 シンプルな方法で学校が変わる! (PHP新書)

 

(超名著なのにもう絶版)

 

 

 

僕の今読んでいる本はこれ

 

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

 

 なかなか進まない。。。

wonderlistとの実践を両輪で進めている

 

他にも積ん読にあるのは

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

 

 

 

TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント (SB文庫)

TQ-心の安らぎを得る究極のタイムマネジメント (SB文庫)

  • 作者: ハイラム・W・スミス,Hyrum W. Smith,黄木信,ジェームス・スキナー,James Skinner
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2009/11/16
  • メディア: 文庫
  • 購入: 2人 クリック: 18回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社+α文庫)

 

 

もっとあるけれど、ほんの一部。

どんだけあるんだ。。。

 

 

 

 

冬休みに読み終えたのは

 

教育の力 (講談社現代新書)

教育の力 (講談社現代新書)

 

 

これは途中まででも感動してブログに書き残していたのに。

 

www.kesuke03.xyz

読了して感じたことをまた改めて書きたい。 

 

 

これも素晴らしい本だった。

問い続ける教師―教育の哲学×教師の哲学

問い続ける教師―教育の哲学×教師の哲学

 

やっぱり教師は「あり方」なんだと確信した本。 

素晴らしい一冊。これもまとめたい。

 

 

 

 

僕が実践している(していた)賞味期限読書、今は忙しさにかまけて、ほぼ進まず。。。

 

 

 

これが僕の読書の現状。

 

 

読みたい本は多くあれど

読むだけの力と

読むことに対する時間、プライオリティ

それが足りていない自分の力不足を感じている

 

そんな今朝

 

でも僕は本に学び、本を書けるようになりたい

そう思って始めたブログ

いつかは!

 

 

本からもっと学ぼう。