小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

GTD!GTD!GTDー! 【書評:「初めてのGTD ストレスフリーの整理術」】

 昨年末にあおせんさんに会った時に教えてもらったこと 

www.kesuke03.xyz

 

GTD!!

 

この日あおせんさんにお会いするまで、全く知ることもなかったこの本。

 

読んでみた!

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

 

 (いつものように途中まで)

 

もう賞味期限が来たので一度まとめます!今日は書評!

 

 

GTDを習慣にしたら人生が楽になりました。

 というこの実践者のコメントがまず初めに紹介されている。

 

GTDとは
Getting
Things
Done
の意味で、その定義を筆者は
たとえやるべきことが山のように会ったとしても、頭をすっきりさせつつ、リラックスしながら高い生産性を発揮していく「やり方」
としている。
このやり方さえ身につければ仕事でもプライベートでも効率よく物事をこなし、充実した人生を送っていくことができる。
 
なんて素晴らしい!!
 
私の今年の学びのテーマは、
1 整理整頓
2 暖かい教室作り
3 大人の学び場作り
 
これの1にあたる。
日々の業務をいかに最小化し、日々の学びやプライベートをいかに最大化するか。
それが1に込められた思いだ。まさにどんぴしゃりの学び。
 
 
 
 
GTDの柱は2つ
1 やるべきことを全て把握しているということ
「あなたのやりたいことを今ここで見せてください」と言ったら、あなたは見せることができるだろうか?
無理です。全てを把握しているなんてことは僕にはできません。。。
 
2 人生に降りかかってくるあらゆるインプットにその場で対処できるようにすること
つまりどんな状況にも、次に取るべき行動が見定められること。
「あれもしなきゃ」「これもしなきゃ」という気持ちに振り回されない状況。
 
この2つをGTDは柱としている。
   
筆者はこう続ける。
現代の仕事環境に決定的に欠けているものがある
それは、現場レベルできちんと機能する、仕事を成し遂げるための理論と、それを実践するための手法とツールだ。これらが一つの「システム」として、機能しなくてはならない。長期的な目標の達成をサポートしつつ、日々のこまごまとした仕事を片付けるためのシステムだ。

うんうん、確かにこういったことは教えられないし、そのシステム化って憧れるけれど、どうやって手に入れたらいいかわからない。

 

 
そのために手に入れるのは、 「水のように澄んだ心」
 
空手のいつでも対応できる心理状態のことを「水のように澄んだ心」というという。
違う言葉で最近言われるのは「ゾーン」。
マインドフルネス状態。
その状態をいかに作り出すか。
 
やるべきことが頭に居座っていると、この「水のように澄んだ心」は生み出せない。
 
「あっ!あれをやっていない!」と何度も思い出すこと。
すぐにできなことを思い出したり、それにエネルギーを消費するのは無駄で、まだやっていないという焦りを募らせる。
 
日々のこまごまとした「やるべきこと」をコントロールし、今すべきことに集中できている状態を維持する習慣を身に付けることができれば、いつでもハイパフォーマンスを発揮できる。
 
そのコントロールのためにやることは! 
全てを頭の外に追い出す 
信頼できるツールを使って、それを行うことがGTDの本質であるという。 
 
 
じゃあどのように実践していくのか?
それもすごく丁寧に本書は書かれている。
 
GTD実践のための5ステップ
①「気になること」全てを1箇所に収集する
②それぞれの意味と何を明らかにする「処理」を行う
③その「処理」の結果を「整理」する。
④それらの行動の選択肢を「レビュー」する。
⑤選んだ行動を「実行」する。

 

と記されている。

それぞれの概念、方法を全て丁寧に書いてあってとても参考になる。

 

 

この本を読みながら僕は実践をしていっている。

 

それがこのアプリを使って、MacBook Air、iPhone、Apple Watchの3つで連動させている。

Wunderlist: todoリストとタスク管理

Wunderlist: todoリストとタスク管理

  • 6 Wunderkinder
  • 仕事効率化
  • 無料

 

これいい!

今毎日、GTDタイムを朝に設けて、起こす行動を洗い出すことをしている。

 

うまくできているとはとても言えないけれど

自分の人生をハックしている感覚があって、とても充実している。

 

実践と理論でこのGTDをもっと進化(深化)させていこうと思う!!


この本オススメ!(全部読んでいないけれど)