小学校教師ふたせんの朝3時からの共育現場〜育つ育てる育てられる〜

小学校教員、元ラガーマン。娘2人の父のふたせんが、朝3時に子供の育ちや自己の成長を記すブログ。自分を成長させたい。

妻を幸せにすると決めた日 【10年目への船出】

 

今日4月1日は

 

妻との結婚記念日

 

9年前の今日

 

日付が変わる24時に

役所に婚姻届を提出しに行ったことをよく覚えている

 

役所の宿直のおじさんは

明らかに寝てたような面持ちで

寝癖もすごがったけれど 

若い僕ら2人を一生懸命お祝いしてくれた

 

それがすごく嬉しかった

 

あと、チャックも全開で興醒めしたのも覚えてる

 

 

 

あれから9年

 

たくさん笑って

たくさん喧嘩もして

結構泣いて

大変な思いもして

悩んで考えた

 

 

夫婦の形に正解なんてない

 

2人が描く「こうなりたい」「こうしたい」が1つでも多く叶うようにしたい

 

2人だから作れる夫婦という形を作っていきたい

 

 

 

今日までの9年間できっとたくさんの我慢をさせて来たと思う

 

たくさんの苦労をかけたと思う

 

僕によくぞ9年間も伴走してくれた

 

ありがとう

 

 

 

 妻

 

僕はあなたを幸せにすると決めて、結婚した

 

それが僕の人生の生き甲斐だ

 

教育という仕事だってとても意味を感じているが

 

僕にとっては妻を幸せにする

妻と共に豊かな人生を生きる

 

それこそが人生の大きな目的だ

 

それ以上でもそれ以下でもない

 

仕事は一つのその手段ではない

 

だから僕はファミリーファーストだ

 

 

 

高濱正伸さんが

「妻一人も幸せにできない夫が、何が社会を幸せにするだ」

ということを言っていた

 

本当そうだ

 

みんなが自分の隣にいる人を笑顔にしていけば

社会はもっとハッピーになるんじゃないか。

 

遠い社会なんかじゃなくて

隣の妻

もっと僕にできることはあるはず

 

 

 

 

 

 

妻を幸せにする

 

そういうことを思い出させてくれる日でもある

 

4月1日

 

平成30年度がスタート

10年目の夫婦の船出

 

 

今日は娘たちを祖父母に預けて

記念日ランチ

デートだ

 

2人の時間を楽しもう

 


いつもありがとう

今年もよろしく